F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
54 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
61 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
75 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
89 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
103 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
110 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
124 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
138 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
145 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
159 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
166 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
180 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
194 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
222 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
229 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
243 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
250 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
264 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
278 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
285 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
299 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
313 days

「直線の差を埋めるのは難しい」……ハミルトン、フェラーリの“強力な”パワーを評価

シェア
コメント
「直線の差を埋めるのは難しい」……ハミルトン、フェラーリの“強力な”パワーを評価
執筆:
2019/04/13 4:41

ルイス・ハミルトンは、メルセデスがフェラーリの示した“直線スピード”というアドバンテージにすぐに追いつく事は難しいという認識を示した。

 メルセデスは2019年シーズンの序盤2戦をワンツーフィニッシュで終えている。オーストラリアGPではバルテリ・ボッタスが、バーレーンGPではシャルル・ルクレール(フェラーリ)のPUに発生した問題によってハミルトンが勝利を収めた。

 しかしながら、メルセデスはフェラーリが持つ直線スピードのアドバンテージを警戒しており、中国GPでの懸念材料としてチェックしている。

 こうしたエンジンの差は、シャシー側よりも追いつくことが難しいのかをハミルトンに尋ねると、彼はこう答えている。

「それはそうだろうと思うよ」

「エンジン側のリスクを取らずに大きな結果を得ようとするのは、とても、とても難しい物だ。特に最近のレギュレーションではね。(一足とびの結果を)実現するのは難しいんだ」

「多分、いくつかの物事の組み合わせなんだと思う。直線スピードのギャップを埋めるのは、そんなに早くは出来ないだろう」

 F1が2014年からV型6気筒ターボハイブリッドエンジン(PU)の時代に突入して以来、メルセデスはF1を支配し、毎シーズンタイトルを獲得してきた。フェラーリも過去2年に渡り、優勝常連のパッケージを開発してきたが、メルセデスは今のフェラーリのパッケージは、さらに研ぎ澄まされていると考えているようだ。

 メルセデス側は、バーレーンGPで直線でフェラーリが持っていたアドバンテージをコンマ数秒と見積もっている。ただ、当然ダウンフォースレベルがどの程度影響を与えていたかについては注意している。

「正直に言って、直線では大きな差があるように思える」

 ボッタスはフェラーリとの差をそう語っている。

「それがバーレーンでの状況だ。だけど、たった一箇所のトラックだし、ダウンフォースレベルの違いによって、直線スピードは大きく影響を受けてしまう」

「1シーズン中に、エンジンのパワーから0.4秒を稼ぐのはとても難しい。僕らはできる限り懸命に取り組むけれど、それ以外の部分でまだマシンは改善できる事を忘れちゃいけない」

「まだシーズンは始まったばかりだし、特に新しいレギュレーションのもとでは、マシンパフォーマンスはかなり改善の余地があるはずだ」

 チーム代表のトト・ウルフもまた、バーレーンでのフェラーリに対して、ダウンフォースレベルが大きな要因に成りうるという事には同意している。

「(バーレーンの)直線では強力なエンジンパワーがあったようだが、それが常にエンジンのパワーによる訳ではない」

「ドラッグの程度はそうした計算において重要な役割を果たしている。そこが、我々の評価する必要のある部分だ。(中国GP初日の)FP1ではセバスチャン(ベッテル)がストレートスピードを示していたが、つまりはそういうことなのだろう」

「我々はシャシー側、PU側からパフォーマンスを引き出して戦っていく必要があるんだ。(フェラーリのような)ベンチマークがあることはモチベーションの助けになるよ」

次の記事
F1中国FP3:ボッタス最速。フェルスタッペン7番手。トロロッソは2台トップ10入りもアルボンがクラッシュ

前の記事

F1中国FP3:ボッタス最速。フェルスタッペン7番手。トロロッソは2台トップ10入りもアルボンがクラッシュ

次の記事

【F1動画】F1第3戦中国GPフリー走行3回目ハイライト

【F1動画】F1第3戦中国GPフリー走行3回目ハイライト
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ルイス ハミルトン 発売中
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Scott Mitchell