F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
52 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
59 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
73 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
87 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
101 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
108 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
122 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
136 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
143 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
157 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
164 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
178 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
192 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
220 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
227 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
241 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
248 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
262 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
276 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
283 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
297 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
311 days

”王者”のやり方を学べ。ボッタス躍進に”元ハミルトン担当”のエンジニアの助け

シェア
コメント
”王者”のやり方を学べ。ボッタス躍進に”元ハミルトン担当”のエンジニアの助け
執筆:
2019/12/25 23:11

バルテリ・ボッタスは、2019年にかつてルイス・ハミルトンを担当していたエンジニアと仕事をしたことで、”王者のやり方”を学ぶことができたと話した。

 メルセデスのバルテリ・ボッタスは、以前ルイス・ハミルトンを担当していたエンジニアと仕事をしたことで、ハミルトンの仕事のやり方を学ぶ”素晴らしい機会”を得られたと語った。

 これまでトニー・ロスがボッタスのレースエンジニアを担当していたが、ロスはフォーミュラEのプログラムに異動。ハミルトンのパフォーマンスエンジニアを務めていたリカルド・ムスコーニが新たにボッタスのレースエンジニアとなった。

 2019年シーズンのボッタスは、最終的にはハミルトンに敗れたものの、4勝を挙げてランキング2位を記録するなど、これまで以上に力強い走りを見せた。

 ボッタスは、そうした進歩の一部は、ムスコーニと働くことによって得られたものだとmotorsport.comに話した。

「エンジニアと違った働き方をするという変化が、僕にとって良かったんだ」

「ルイスを担当していたリッチ(ムスコーニ)は、ルイスの運転技術とクルマをセットアップする方法について、非常に詳細に知っている。ミーティングやデータから得られるよりも多くの恩恵を得られる絶好の機会だったのは間違いない」

「エンジニアリングの面からそのようなアプローチを採れたのは嬉しかった」

 ニコ・ロズベルグとハミルトンが激しいチーム内バトルを繰り広げていた2016年、ハミルトンはチーム内の人事異動に不満を抱いていた。メルセデスはそれぞれのエンジニア体制を大幅変更。この中にはチーフメカニックの交換も含まれていた。

 ボッタスは、不必要な摩擦を起こすことなく、ムスコーニが自分を担当することができたのは、ハミルトンと前向きな関係が築けている証拠だと述べた。

「それについて問題はなかった」とボッタスは話した。

「彼(ハミルトン)は今でも、自分がより良くなることを切望している。彼にとっても、違うメンバーと働くということはチャンスでもある」

 一方のハミルトンは、エンジニアの人事異動については問題ないと考えている。しかし、チームメイトやライバルにアドバンテージを与えずにエンジニアリングチームと強固な関係性を築くという、大変な仕事をやり直す必要があるため、物事がより”難しく”なることは認めた。

「彼(ムスコーニ)は非常に才能のあるエンジニアであり、当然彼は進歩を望んでいる。同じポジションに留まることを望んでいるものはいないし、エンジニアにとってリードエンジニアとなることは大きな目標でなくちゃいけない」

 そうハミルトンは語った。

「僕たちは非常に多くのことを学び、協力してきた。ひょっとしたら、彼は自分が持っているものを認識できていなかったかもしれないし、それを引き出すのに時間がかかったかもしれない。逆もまた然りだ」

「彼は反対側(ボッタス側)に行き、間違いなくこう言っていただろう。『バルテリ、なぜ君はあれをやらなかったんだ。ルイスならこうする。なんで君はやらないんだ?』とね」

「今年は、これまでよりも挑戦的な1年だった。僕は『OK、どうやればいいんだ? パフォーマンスを落とさずに同じことをするためには、何を変えればいいんだ?』と考えていたからね」

「僕はそれを洗練させ、ステップアップしなければいけない。すでに100%に近づいているけど、その1%を失うとギャップは縮まってしまうんだ。だから、新しいエースを迎え入れるのは難しいことなんだ」

Read Also:

次の記事
いざタイトル争いへ……レッドブルとホンダ、”戦い”への基礎を整えた2019年?

前の記事

いざタイトル争いへ……レッドブルとホンダ、”戦い”への基礎を整えた2019年?

次の記事

「スムースオペレータ〜♪」サインツJr.、“鉄板無線ネタ”の誕生秘話明かす

「スムースオペレータ〜♪」サインツJr.、“鉄板無線ネタ”の誕生秘話明かす
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー バルテリ ボッタス 発売中
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Scott Mitchell