ハミルトンのジュエリー規則違反で”メルセデスに”350万円の罰金。確認ミスの責任チームに問う

メルセデスは、ルイス・ハミルトンがシンガポールGPでジュエリーを装着していたとして、約345万円の罰金を科されてしまった。

ハミルトンのジュエリー規則違反で”メルセデスに”350万円の罰金。確認ミスの責任チームに問う
Listen to this article

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1シンガポールGPのフリー走行でノーズピアスを着用していたことでスチュワードに召喚されたが、お咎めなしとなった。だがその代わりに、不正確なチェックシートを提出したとして、チームに2万5000ユーロ(約345万円)の罰金が科された。

 FIAは2022年シーズン序盤、ドライバーのジュエリー類の装着について取り締まりを強化する方針を発表した。車検作業の一部として、ドライバーのアクセサリーやウエアもチェック項目に加わることとなった。

 ハミルトンはすぐに外せないアクセサリーもあるとして、このルールの適用を2レース免除されたが、その措置も5月末のモナコGPで終了。以降は鼻についているスタッド状のピアスも外してレースに臨んでいた。

 しかしシンガポールGPのFP1で、ハミルトンの鼻にピアスがついていることが、国際映像で確認されていた。

 そのため、ハミルトンはFP3終了後にスチュワードに呼び出しを受けた。またメルセデスはドライバーのセルフチェックシートの記載が誤っていたことを説明するよう、予選後に求められた。この診断書は、2019年に導入されたプロセスで、FIAがサーキット走行前にクルマとドライバーのコンプライアンスをチェックしないで済むように導入されたモノだ。

 ハミルトンは、ピアスを定期的に取り外せるようにするための努力の一環として、彼がかかった鼻の感染症の治療に携わる医療スタッフから、感染症が治るまで金属スタッドをつけたままにするよう言われたと主張。この説明をスチュワードが受け入れ、許可が下りた形だ。

 FIAは、ハミルトンにペナルティを科さないと発表した文書の中で、メルセデスが提出した医療報告書によって、その説明が確認できたとしている。

「スチュワードはその後、FIAの副メディカルデレゲートであるイアン・ロバーツ博士に相談し、博士はメディカルレポートを閲覧し、その意見に同意した」

「酌量の余地のある状況を考慮し、我々はこれ以上の措置を取らないことを決定した」

予選後のハミルトン。バイザーの隙間からピアス装着が確認できる

予選後のハミルトン。バイザーの隙間からピアス装着が確認できる

Photo by: Carl Bingham / Motorsport Images

 予選で3番手となり、記者会見で「予選前に彼ら(スチュワード)に話したことがすべて」と、自身の見解を述べた。

「(コース上でノーズスタッドをつけていることを)主張したいわけではないんだ」

「基本的に、僕はこのアクセサリーとノーズスタッドを何年も使っているんだ。そして言うまでもなく、今年の初めにあの騒動があり、その時にはもう外れないようにハンダ付けされていたんだ」

「当時はもちろん、多くのレースで、解決策が見つかるまでは免除されることになっていた。そして、僕はそれを取り出して、定期的に取り外しできるようにする解決策を見つけようとしたんだ」

「そのせいで感染症にかかってしまい、そのまま感染症が進行してしまった。その後、僕は血ぶくれができて、かなり痛かったんだ」

「膿と血が混じったような状態だったので、治療を受けたんだ。それからこれを装着して、2週間が経って治ってきたから、そのままにしておくように言われたんだ」

「こんな小さなモノを話題にするのはおかしいよ。他のものはすべて取り除いている。正直なところ、あまり気にしていないんだ」

 スチュワードが彼の説明を受け入れたかどうか尋ねられたハミルトンは、「本当にわからない」と答え、「これは安全性の問題ではない」と主張した。

「ドクターから手紙をもらったんだ。僕はベストを尽くしてきたし、シャルル(ルクレール)にも言ったんだけど、(取り締まりの)言い訳のひとつは、火に包まれた時に(金属が)どう熱を使えるか、だったんだ」

「でも僕たちのスーツの周りは、金属だらけだ。シートベルトもジッパーも金属、ヘルメットのバックルも金属、クルマと接続するワイヤーも金属だ」

「よく分からないけど、ちょっとばかばかしいよ。彼らが賢明であることを願う。スチュワードは僕らの安全を守るためにいるべきだが、これは安全性の問題ではない」

 メルセデスへの罰金を発表したFIAの文書では、チームのスポーティングディレクターであるロン・メドウズが「ハミルトンがピアスを(車内で)つけていたことを知らなかった」と、診断書には記されていたという。

「最近のイベントでは、ハミルトンは走行前にピアスを取り外していた」

「チームはハミルトンに問い合わせることなく、今大会でも同じ手順を踏んでいる、あるいは踏んでいるだろうと考えていた」

「スチュワードは、このケースでの申告の間違いは意図的なものではないことを認めているが、チームが申告書を完成させて提出する前にハミルトンに問い合わせをしていれば、このような事態は起こらなかっただろう」

 
Read Also:

シェア
コメント
フェルスタッペン、まさかの燃料不足でポールを逃す「今は、レースのことを考える気にならない」
前の記事

フェルスタッペン、まさかの燃料不足でポールを逃す「今は、レースのことを考える気にならない」

次の記事

「表彰台は確実と思っていた」佐藤琢磨の、最も悔しい”鈴鹿”:2004年F1日本グランプリ

「表彰台は確実と思っていた」佐藤琢磨の、最も悔しい”鈴鹿”:2004年F1日本グランプリ