F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
19 days
23 10月
次のセッションまで……
33 days
31 10月
次のセッションまで……
41 days

「先週のようなことはない」メルセデスのハミルトン、予選は”接戦”と覚悟

シェア
コメント
「先週のようなことはない」メルセデスのハミルトン、予選は”接戦”と覚悟
執筆:
, Grand prix editor

メルセデスのルイス・ハミルトンは、ハンガリーGPの金曜日にもいつも通り速さを見せたものの、予選結果はこれまで以上に接近戦になることを予想していると語った。

 ハンガリーGPの金曜日も、速さを見せたのはメルセデス勢だった。特にドライコンディションのFP1では、ルイス・ハミルトンがトップタイムを記録。しかも、最も硬いハードタイヤを装着しての走行で、昨年の予選Q1最速タイムに匹敵する速さを披露した。

Read Also:

 2番手にはミディアムタイヤを履いたチームメイト、バルテリ・ボッタスが0.086秒差で続き、セルジオ・ペレスとランス・ストロールのレーシングポイント勢が3番手と4番手になった。

 メルセデス以外のパワーユニットを使うマシンで最速だったのは、5番手のダニエル・リカルド(ルノー)。そのタイムは、ハミルトンから1.197秒遅れ。今回最大のライバルになると目されていたレッドブル・ホンダは、マックス・フェルスタッペンが1.432秒遅れの8番手と低調な結果に終わった。

 なお、午後に行なわれたFP2は大雨に見舞われ、フェラーリのセバスチャン・ベッテルがトップタイムを記録。ボッタスは2番手タイムを記録したものの、ハミルトンはタイムを計測せずにこのセッションを終えている。

 初日、ドライコンディションでは圧倒的な速さを記録したメルセデス。しかしハミルトンは、他のチームが何をしていたのかを読み取るのは難しく、タイム差で示されたようなアドバンテージがあるかどうかは分からないと語った。

「その結果から、あまり多くのことを考えるつもりはない」

 そうハミルトンは語った。

「ウイングや燃料搭載量、そしてエンジンモードなど、誰もが違うことをしている。全ての面で、異なるプログラムを実施していたはずだ」

「僕らも、必要なことを行なった。問題なかったよ」

「FP3と予選では、その差はかなり近付くことになると思う。でもマシンにはまだやるべきことがあったから、それをやったんだ」

「それから雨が降ってしまった。次のドライセッションを走るまで、その結果は分からないね」

 なお今年のハンガリーGPは、土曜日以降も雨がらみになる可能性があるとの予報が出ている。第2戦シュタイアーマルクGPの予選では、ウエットコンディションとなった中で圧倒的なパフォーマンスを披露したハミルトンだが、ハンガロリンクでそれを再現するのは難しいと考えている。曰く、ハンガロリンクはレッドブルリンクと比べて、ウエットコンディションになった際にドライブするのが、はるかに難しいという。

「完璧なクルマはないし、完璧なドライバーもいない。僕らがしていることは、強固な基盤の上に、様々なモノを組み上げ続けていくということだけだ」

 そうハミルトンは語った。

「今年のマシンは素晴らしいマシンだけど、まだ学んでいるところだ。僕らは、細かなニュアンスを理解しようとし、前進するための変更を加えている」

「オーストリアでは、雨の中で素晴らしかった。でも、ここでは少し異なる。ダウンフォースは増えるけど、トラックはかなり滑りやすくなるんだ」

「予選がウエットコンディションになっても、先週のようにはならないだろう。でも、その結果を知っている人は誰もいない。おそらく僕らは、再びまともな仕事をするだろう」

Read Also:

レッドブル、ハンガリーGP初日を終えて課題山積み……フェルスタッペン「やることがたくさん」

前の記事

レッドブル、ハンガリーGP初日を終えて課題山積み……フェルスタッペン「やることがたくさん」

次の記事

ホンダ田辺TD「ガスリーのPUは、予防措置のためいくつかパーツを変えた」

ホンダ田辺TD「ガスリーのPUは、予防措置のためいくつかパーツを変えた」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント ハンガリーGP
ドライバー ルイス ハミルトン
チーム メルセデス
執筆者 Luke Smith