F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
R
F1 70周年記念GP
07 8月
次のセッションまで……
1 days
14 8月
次のセッションまで……
8 days
28 8月
次のセッションまで……
22 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
29 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
36 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
50 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
64 days
23 10月
次のセッションまで……
78 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
86 days

「難しかった1日だった」地元イギリスGP初日、ハミルトンはマシンバランスに苦戦

シェア
コメント
「難しかった1日だった」地元イギリスGP初日、ハミルトンはマシンバランスに苦戦
執筆:
, Grand prix editor
2020/08/01 3:41

メルセデスのルイス・ハミルトンはシルバーストン・サーキットの風の強いコンディションによって、イギリスGP初日は難しい1日になったと振り返った。

 F1イギリスGPの初日、メルセデスのルイス・ハミルトンはFP1で2番手、FP2は5番手で走行を終えた。イギリスGPはハミルトンが6勝を挙げている得意なサーキットだが、今回は風の影響を受け難しい1日になってしまったと彼は振り返った。

Read Also:

「正直に言って、かなり難しい1日だった」と、ハミルトンは言う。

「ここはいつも風が強いけど、それはこのトラックの良い点でもある。ただ風は様々な向きに吹いていて、今日はそのせいでマシンはかなりトリッキーになってしまった」

「マシンバランスは僕が思い描くものにはなっていない。だから夜の内になんとかそれを解決する作業に取り組みたい」

「大失敗というわけではないけど、間違いなくドライビングは大変な1日だった」

 またハミルトンはFP2で、この日投入したソフトタイヤで2度目の走行を行なった際、早めに走行を切り上げた。彼はタイヤが最初よりも良くないものに感じたと考えており、分析を行なう必要があると述べた。

「僕らは(ソフトタイヤで2度目の走行をした際に)戻ってきたけど、タイヤが最初よりも良くないと思った」

「それについて取り組んでいくつもりだ。うちには素晴らしいエンジニアがいるし、それがチームの素晴らしいところだ。詳細について深く分析を続けて、上手く行けば今晩で変更を加えられるだろう」

「接近したライバルを目にするのは素晴らしいことだ。明日は僕らが近づいていけると良いと思っている」

 チームメイトのバルテリ・ボッタスはFP2を3番手で終えているが、FP1からの進歩には満足していると語っており、まずまずの結果だったと感じている様子だ。

「FP1では、特にバランスの面で少しトリッキーなところがあった」と、ボッタスは振り返った。

「ただやることはまだあるけど、FP2では実際のところフィーリングは悪くなかったと思う。ギャップは極めて小さいし、普段なら僕らは予選に向けていくつか良いステップを踏んでいけるからね。全体としてのフィーリングはとても良いこともあって、あまり心配はしていない」

「レーシングポイントとレッドブル、彼らはかなり強いように思える。でも明日は路面温度も低くなって、完全に異なったコンディションになるだろう。それに風もかなり方向を変えているんだ」

「通常、これはトラック上で大きな影響を与えるものだからね」

 

Read Also:

気温30度以上……灼熱のコンディションでも問題なく機能。ホンダPUのイギリスGP初日

前の記事

気温30度以上……灼熱のコンディションでも問題なく機能。ホンダPUのイギリスGP初日

次の記事

ボッタス、ハンガリーでのスタート失敗の原因は“回転数灯”。既に問題は修正済み

ボッタス、ハンガリーでのスタート失敗の原因は“回転数灯”。既に問題は修正済み
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント イギリスGP
ドライバー ルイス ハミルトン 発売中
執筆者 Luke Smith