F1
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月

ハミルトン、最高のスタートダッシュも「自身のパフォーマンスは”平均的”」

シェア
コメント
ハミルトン、最高のスタートダッシュも「自身のパフォーマンスは”平均的”」
執筆:
2019/05/30 3:32

メルセデスのルイス・ハミルトンは、今季序盤の自分自身のパフォーマンスはかなり”平均的”だと考えている。

 F1モナコGPで勝利し、チャンピオンシップをリードしているルイス・ハミルトン(メルセデス)だが、自分自身のパフォーマンスは決めて平均的だと話した。

 今季6戦を終えて、4勝を記録したハミルトンは、チームメイトのバルテリ・ボッタスを17ポイントリードし、ランキング首位に立っている。

 ハミルトンは前戦スペインGPにおいて、1ラップのパフォーマンスに苦労していることを認めた。モナコGPでのポールポジション獲得は、開幕戦オーストラリアGP以来、今季2度目となった。スペインGPまでは3戦連続でボッタスがハミルトンに上回り、ポールポジションを獲得していたのだ。

「おそらく最初の6レースの、僕自身のパフォーマンスは間違いなく平均的なものだったと思う」とハミルトンは語った。

「最高の結果を得られているように感じるし、最高の準備ができていると思う。だが、マシンから真のパフォーマンスを引き出すという点では、この6戦で少し苦労していた」

 ハミルトンはその6戦で4勝、2位を2回獲得し137ポイントを稼いだ。この獲得ポイント数は昨年の6戦終了時点よりも27ポイント、2017年よりも33ポイント多い。ハミルトンにとって3勝と2位2回、3位1回を記録した2015年を上回る、最高のスタートダッシュとなった。

 過去2シーズンは、序盤戦のパフォーマンスが不安定だったハミルトン。マシンに対する理解が進み、自身のドライビングスタイルに合うサーキットでのレースが続いたシーズン後半に、一気に勢いを掴んだハミルトンがタイトル獲得を決めた。

 ハミルトンは個人的なパフォーマンスについて「シーズンが進み、知識が増えていくにつれて間違いなく改善していくだろう」と話した。

「特に今年のタイヤは、作業温度領域がさらに狭くなり、パフォーマンスを最大化するのが難しくなっている。僕はもっと良くなっていくと予想しているけど、それは全員に当てはまることだ」

「僕が抱えている問題がどこかで解決し、本来の調子を取り戻せることを願っている。それが次のレースなのか、これから10レースかかるのかは分からない。だけど僕は修正しようと、とても集中できているんだ」

次の記事
モナコ8位のアルボン「やっと僕たちにふさわしいポイントを獲得できた」

前の記事

モナコ8位のアルボン「やっと僕たちにふさわしいポイントを獲得できた」

次の記事

ハース代表、スチュワードの裁定基準に不満「ルールブックをちゃんと読むべき」

ハース代表、スチュワードの裁定基準に不満「ルールブックをちゃんと読むべき」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ルイス ハミルトン 発売中
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Scott Mitchell