F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
18 days
23 10月
次のセッションまで……
32 days
31 10月
次のセッションまで……
40 days

ハミルトン、スパでのレッドブルの速さを警戒「いつもより接戦になりそうだ」

シェア
コメント
ハミルトン、スパでのレッドブルの速さを警戒「いつもより接戦になりそうだ」
執筆:

メルセデスのルイス・ハミルトンは、ベルギーGPではレッドブル・ホンダの方がパフォーマンスの面で勝っていると考えており、初日を終えた後、チームには多くの宿題が残されていると語った。

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1ベルギーGP初日のFP1をチームメイトのバルテリ・ボッタスに次ぐ2番手で終えた。しかし午後のFP2では、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン、そしてルノーのダニエル・リカルドに先行され3番手となった。

Read Also:

 この結果についてハミルトンは、現時点ではレッドブルのマシンの方が優勢であると確信しており、チームとしてはそのパフォーマンスを前進させるため、多くの作業を行なわなければいけないと主張する。

「僕らの間の差は、非常に僅差だ」

 ハミルトンはそう語った。

「でも現時点では、レッドブルの方が少し速いと思う。でもレーシングポイントでさえ僕らにとても近いし、ダニエル・リカルドだって非常に接近している」

「このことは、週末をよりエキサイティングなモノにしてくれる。僕らには、やるべきことがいくつかある。マシンをもう少し調整してみるつもりだ。しかしそれでも、フィーリングが悪いというわけではない」

 ハミルトンは、シーズンが進むにつれ、グリッド上でのパフォーマンス差が縮まっていくのは当然の流れだと考えている。そのため、金曜日の結果には驚いていないようだ。

「マシンはレースごとに違う。ただ違うだけだ」

 そうハミルトンは語る。

「挑むレースによっては、僕らが前に行くところもあれば、後退するところもあるだろう」

「今週末は今年の第7戦目だ。F1のシーズンが進んでいくにつれ、チーム間の差はますます近付いていく。僕らはすごく接近しているようだ。それは今週末、すでに示されている」

「そして僕らは、その理由を理解する必要がある。彼らが一歩前進したのか、それとも僕らが一歩後退してしまったのか……。それともコースレイアウトやダウンフォースレベルによるモノなのか……。それに取り組んでいく。しかし興味深いレースになりそうで、興奮しているよ」

 一方でチームメイトのボッタスは、終日アンダーステアに苦労した。そしてスパ・フランコルシャンでは、他のサーキットでよりも苦戦していると認めた。

「すごく僅差になっているみたいだ」

 そうボッタスは語った。

「これまでも金曜日には、他のチームのパフォーマンスが土曜日よりも良いのを目にしてきた。しかし今回は、これまでの中でも最も近いように見える」

「だから明日は、エキサイティングなことになると思う。そして僕らは、多くのことを改善できると確信している。でもそれは、他のライバル次第というところもある」

 なおハミルトンやボッタスが警戒するレッドブルのマックス・フェルスタッペンは、いつものグランプリと同じように、土曜日以降はメルセデス勢がパフォーマンスを大幅に上げてくるはずだと考えているようだ。

Read Also:

ホンダF1、ベルギーGP初日は順調な滑り出し。田辺TD「レースに向けて良い結果が得られた」

前の記事

ホンダF1、ベルギーGP初日は順調な滑り出し。田辺TD「レースに向けて良い結果が得られた」

次の記事

フェルスタッペン、初日首位もメルセデス優位を予想「ポール争いができるかは分からない」

フェルスタッペン、初日首位もメルセデス優位を予想「ポール争いができるかは分からない」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント ベルギーGP
ドライバー ルイス ハミルトン
チーム メルセデス , レッドブル・ホンダ
執筆者 Jonathan Noble