ハミルトン、2022年以降のF1残留に前向き?「来年もいるつもり。まだやるべきことがある」

ピレリのタイヤテストに参加したルイス・ハミルトンは、2022年以降のF1残留の可能性についてコメント。まだF1に残りたいとの思いがあり、F1ドライバーとしてやるべきことも残っていると考えているようだ。

ハミルトン、2022年以降のF1残留に前向き?「来年もいるつもり。まだやるべきことがある」

 昨年、F1史上最多タイとなる7度目のドライバーズタイトルを手にしたルイス・ハミルトン。彼は2021年シーズン開幕直前にメルセデスとの契約を1年更新することで合意したが、2022年以降もF1に留まるかについては依然として疑問視されている。

 しかしハミルトンは、前人未到となる8度目のタイトルを獲得できるかどうかが現役続行の物差しにはならないことを明言しており、今季がF1ラストシーズンになるとは考えていないようだ。

 第2戦エミリア・ロマーニャGPの後、ハミルトンは同GPが行なわれたイモラ・サーキットでピレリのタイヤテストに参加し、2022年に投入される18インチタイヤの開発に貢献した。彼は本来、追加テストを行なうことに消極的なタイプであり、有志としてのテスト参加を当日朝に「後悔した」とジョークを飛ばしていたが、同時に2022年に向けてのタイヤ開発を手伝うことは重要なことだと語った。

「テストをするには良いコースだし、今日は天気も良かったから楽しめたよ」とハミルトンは語った。

「ああ、来年もここにいるつもりだから、ピレリに協力して彼らがより良い製品を作る手助けをしたい」

「タイヤのパフォーマンスレベルを一歩前に進めること、それは僕たちドライバー全員が考えていること、望んでいることだと思う」

「だから僕にとって、タイヤがどういう状態で、どういう違いがあるのか、ドライバーの視点から見たグリップやメカニカルグリップ、デグラデーション(性能劣化)はどうなのかなどを評価するのは重要だったんだ」

「良いテストだったと思う。このタイヤは最初のステップを踏んだばかりだと思うけど、スタートとしては悪くないテストだったと思う」

「2022年もF1に留まるつもりだ」という旨のコメントをしたことを指摘されたハミルトンは、自身の計画が「常に変わる可能性がある」としたが、レッドブルのマックス・フェルスタッペンと今季序盤戦からタイトル争いを繰り広げていることをいかに楽しんでいるかを強調した。

 また、モータースポーツ業界の多様性向上に向けてさらなる取り組みが必要であることについても触れ、メルセデスと将来に向けたプロジェクトを進めていると語った。

「今僕たちが繰り広げている戦いを楽しんでいるんだ。とても楽しいし、これまで以上にチャレンジングだ」

「さっきも言ったように、僕はこのチームと仕事を続けたいし、このチームがより多様で包括的なチームになるために前進しているのが励みになっているんだ」

「彼らは僕たちが組織内で行なっている取り組みのひとつを既に発表したみたいだけど、競技全体としてやるべきことはまだたくさんある。沈黙を貫いているチームもまだたくさんある」

「これまでのところ、責任を負っていない人もたくさんいるし、このスポーツはまだやるべきことがある」

「ここにいる方が何かを変えられる可能性が高いと思っているので、それを期待している。いつまでここにいるかは分からないけど、それはいずれ分かるよ」

 

Read Also:

シェア
コメント
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン「全体的にかなりいい1日」とスペインGP初日は満足げ

前の記事

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン「全体的にかなりいい1日」とスペインGP初日は満足げ

次の記事

ボッタスはそっとしておいてあげて欲しい……ハミルトン、批判浴びる同僚に”気遣い”見せる

ボッタスはそっとしておいてあげて欲しい……ハミルトン、批判浴びる同僚に”気遣い”見せる
コメントを読み込む