ピレリの新タイヤに不満? ハミルトンの愛犬も“噛みつけない”程硬い

シェア
コメント
ピレリの新タイヤに不満? ハミルトンの愛犬も“噛みつけない”程硬い
執筆:
2019/03/04 8:45

メルセデスのルイス・ハミルトンは、ピレリの2019年タイヤについて“多くの良い点が無い”と言い、そして新たなタイヤ識別システムは“混乱する”と話している。

 メルセデスのルイス・ハミルトンはピレリが新たに持ち込んだ2019年用のタイヤに不満を感じているようだ。

 ピレリは2019年シーズンに向けてタイヤの構造を変更している。これは昨シーズンの3レース(スペイン、フランス、イギリス)でオーバーヒートとブリスターを防ぐために使用された、薄いトレッドの採用されていたものだ。

 しかし、ハミルトンはピレリが“タイヤに何かした”ように感じられると語っており、SNS上では愛犬のロスコーでさえ“硬すぎる”と感じている……と冗談を言うほどだった。

 

「新しいタイヤは少し硬い……ロスコーも噛みつけ無いくらいだからね」と、愛犬ロスコーがピレリタイヤに噛み付こうとしている動画を投稿したハミルトンは語っている。


「タイヤの良い所が知りたい? でも、僕はタイヤに言うべき良い点を本当に持っていないんだ。だから、何も言わないのが一番良い」

「シーズンが開幕すれば、それは難問になるだろう。昨シーズンよりもね」

「それから、(昨年と比べて)全てが異なるタイヤの名前<C5、C4、C3、C2、C1>は、僕にとって昨年の色よりも更に混乱するものだ」

 タイヤのコードネームは、コンパウンドの硬さを表している。C1が最も硬く、数字が増えるに連れて柔らかくなり、グリップが高くなっていく。

 これは、昨シーズン使用されていた“レインボーカラー”のタイヤ識別システムを置き換えるものだ。

「僕らは慣れて、それが普通になるだろう」とハミルトンは付け加えている。

「バルテリ・ボッタスは新しいタイヤでドライビングするのを楽しんでいたみたいだ。そして、僕もまたタイヤの感覚がよりつかめるようになると思う」

「僕は多くの燃料を積んでマシンを走らせていたから、決して良い気分ではなかった」

「だけど、僕らは皆が同じ境遇にある。可能な限りタイヤを理解しようと努力するよ」

 ピレリF1のボス、マリオ・イゾラは、ドライバーの意見をより検討して欲しいという要望への対応の一環として、ハミルトンのフィードバックを取り入れると述べている。

 また、イゾラは中間のコンパウンドであるC3は、昨シーズンのソフトタイヤであり、その範囲もほぼ同じだと語っている。

 そして、2019年シーズンの空力レギュレーションの変更がマシンのバランスに影響を与えていることを指摘し、チームはタイヤを最大限活用する方法と同様に、マシンを改善する必要がある、とイゾラは語った。

「より薄いトレッドはブリスターやオーバーヒートを防止してくれる。ただ、特に早朝や午後遅くといった寒いコンディションではグレイニングが発生する可能性はある」とイゾラは認めている。

「日中ではより良かった」

「なぜハミルトンが満足していないのかより詳しく理解するために、彼と話す必要がある」

次の記事
ハミルトンの愛犬も“噛みつけない”程硬いタイヤ!?

前の記事

ハミルトンの愛犬も“噛みつけない”程硬いタイヤ!?

次の記事

今年のF1はオーバーテイクの期待大? ペレス、ルール変更の効果を実感

今年のF1はオーバーテイクの期待大? ペレス、ルール変更の効果を実感
Load comments

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ルイス ハミルトン 発売中
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Scott Mitchell
Be first to get
breaking news