F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
FP3 まで
18 時間
:
26
:
45
28 8月
次のセッションまで……
13 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
20 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
27 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
41 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
55 days
23 10月
次のセッションまで……
69 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
77 days

「いずれは全員が膝をついてくれれば」ハミルトン、グリッドで直立のドライバーと対話

シェア
「いずれは全員が膝をついてくれれば」ハミルトン、グリッドで直立のドライバーと対話
執筆:
, Grand prix editor
2020/07/18 5:15

ルイス・ハミルトンは、将来的に20人のF1ドライバー全員がグリッド上で片膝をつくようになることを望んでおり、直近のグランプリで片膝をつかなかったドライバーと話をしたという。

 F1開幕戦オーストリアGPと第2戦シュタイアーマルクGPでは、F1ドライバーたちがレース前にグリッドに整列し、人種差別の根絶を訴える場面があった。その中ではルイス・ハミルトン(メルセデス)をはじめとした多くのドライバーが片膝をつくポーズをとったが、ハミルトンはいずれ全員がこのポーズをとることを望んでいる。

 シュタイアーマルクGPでは、全20人のドライバーが『End Racism』(人種差別を終わらせる)などと書かれた黒いTシャツを着用。その内ハミルトンら半数以上のドライバーが、人種差別への講義を示すためにグリッド上で片膝をつくポーズをとった。

Read Also:

 片膝をつかずに直立していたドライバーたちの内、数人は「人種差別根絶に同意していることには変わりないものの、片膝をつくポーズは文化や国によっては違った意味合いを持つことを考えると、自分たちなりのやり方で反対意思を表明する方がいいと感じた」と説明していた。

 ハミルトンは多くのドライバーが片膝をつくポーズをとったことを嬉しく思っていると語り、そうしなかったドライバーとは1対1で話す機会を設けたことを明らかにした。

「(第2戦でも片膝をつくことは)計画にはなかったけど、僕たちはドライバーズミーティングをして、その後Zoom(ビデオ会議アプリ)でもチャットをしたんだ」とハミルトンは語った。

「僕たちはもう一度それをやるかどうかの議論をした。そして僕は続けると言った。何人かは『僕たちはもう先週やったから、もうやらない』というようなことを言っていたけど、何人かは先週と同じアプローチを続けてくれた」

「だから僕は直立することを選んだドライバーと1対1で話す時間を作ろうと思い、少し話をしたんだ。ドライバーという立場から言えば、この期間中に僕たちは距離を縮めることができると思っているし、全員が膝をつかないにしろ、このことについて話す機会が増え始めるんだ」

「いずれは全員が理解し、膝をついてくれればと思っている」

 ハミルトンが言うように、シュタイアーマルクGPでは一連の抗議行動は正式なレーススケジュールに組まれておらず、レースウィークエンド中のドライバーズミーティングで実施が決まったということもあり、グリッド上は少しバタついていた。実際、ケビン・マグヌッセン(ハース)はフェイスマスクとTシャツの用意が間に合わなかったようで、整列に参加していない。

 ハミルトンは、第3戦ハンガリーGPでより良い計画を立てることができれば、より組織的に抗議の意思を示すことができると考えている。

「僕たちが計画したものはFIAのスケジュールになかったから、皆バタバタしていた」とハミルトンは続けた。

「僕たちは10分前くらいからそこ(グリッド)にいたと思う。他の何人かはもっと後に来た。僕たちがそれを始めた時、何人かは向かおうとしていたけど、もう遅かったんだ」

「今後同じようなことをするのであれば、次はもっと良い仕事ができればと思う。ただ、それは僕が決めることではない」

 

Read Also:

苦しむフェラーリに希望の光? ルクレール「ポジティブな兆候を見つけた」

前の記事

苦しむフェラーリに希望の光? ルクレール「ポジティブな兆候を見つけた」

次の記事

ルノーがレーシングポイントを訴えた理由……「将来のF1の”カタチ”を明確にするため」

ルノーがレーシングポイントを訴えた理由……「将来のF1の”カタチ”を明確にするため」

この記事について

シリーズ F1
イベント ハンガリーGP
執筆者 Luke Smith