F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
53 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
60 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
74 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
88 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
102 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
109 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
123 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
137 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
144 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
158 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
165 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
179 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
193 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
221 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
228 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
242 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
249 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
263 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
277 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
284 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
298 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
312 days

ハミルトンは“史上最高の”ドライバーになるかもしれない……メルセデス代表が語る

シェア
コメント
ハミルトンは“史上最高の”ドライバーになるかもしれない……メルセデス代表が語る
執筆:
2019/06/27 3:18

トト・ウルフは、ルイス・ハミルトンへの批判をする人が、“これまでで最高のF1ドライバーを見ることのできる機会”だと認識すべきだと語った。

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、5度のタイトル獲得というその類まれな成功によって、F1の歴史における最高のドライバーのひとりに数えられている。

 ハミルトンはまた、レースウィーク中やトラックを離れている時の発言や、ファッション産業の開拓、これまでの一般的なF1ドライバーの習慣にとらわれないことで批判の的になってきた。

 実際、先週末行われたフランスGPで、彼は木曜日のメディア義務を、ファッションデザイナーのカール・ラガーフォード氏の逝去に伴う追悼イベント(パリ)に出席するため欠席している。

 motorsport.comが、ハミルトンが批評家に特別にターゲットにされているかと、メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフに尋ねると、彼は次のように語った。

「一般的に英国では、ルイスは知られて然るべき程には認識されていない」

「いつか、彼がいくつもの記録と共にキャリアを終える時がきたら、人々は『彼は地球上で最も偉大なドライバーで、我々はその旅路の目撃者となった』と、そして『彼はとても興味深い男だったのではないか?』と言うだろうね」

「だが理由がどうあれ、そうした批判的な考えは恐らく、見出しをより賑わして、より新聞が売れるか、(インターネットで)よりクリックされるだろう」

「恐らく彼らは、これまでに無い最高の旅をしている最高のドライバーを見る事のできる機会だと認識していないんだと思っている」

 ハミルトンは2013年にメルセデスへ加入して以来、ミハエル・シューマッハーのポールポジション獲得数を含むいくつもの記録を打ち破り、彼の通算91勝という記録にも接近している。

Read Also:

 2019年シーズンの第8戦終了現在、彼はポイントランキングで首位を走っている。現在の契約は2020年に終了するが、連続でタイトルを獲得した場合シューマッハーの7度のタイトルに並ぶことになる。

「何年も前から、我々はドライバーだけでなくチーム内の個人のポテンシャル全てを引き出すために、全ての個人がどのようにして集中しているのか理解しようとした」

「これは人を箱に入れるでも、制限するでもなく、どうやって彼らの活力を導くかということだ」

 ウルフはまた、ハミルトンが“最も尊重される方法で”通常のメルセデスとF1の責務から外れる時間を要求でき、またチームメイトのバルテリ・ボッタスを含む、メルセデスの“キーパーソン”は必要な時に休みを取ることができるとも付け加えている。

「それは個人がベストな力を発揮することを、チームとしてどうやって尊重していくかということだ」

「それが時間をかけ、他者に感情移入をする理由だ」

「彼に制限を加えてしまうと、ルイスが自身の役割を果たせない。彼は自由を与えられて、自身の情熱に従った時に、ベストな力を発揮するんだ」

次の記事
「我々はマクラーレンと同じくらい速い」ルノーF1代表が主張

前の記事

「我々はマクラーレンと同じくらい速い」ルノーF1代表が主張

次の記事

【動画】F1第9戦オーストリアGP コース紹介オンボード映像

【動画】F1第9戦オーストリアGP コース紹介オンボード映像
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ルイス ハミルトン 発売中
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Scott Mitchell