ハミルトン”完敗”のメキシコGPで載冠を決める「この結果を光栄に思う」

シェア
コメント
ハミルトン”完敗”のメキシコGPで載冠を決める「この結果を光栄に思う」
Valentin Khorounzhiy
執筆: Valentin Khorounzhiy
2018/10/28 22:56

メルセデスのルイス・ハミルトンは、メキシコGPで自身5度目のタイトル獲得を決めた。しかしレースの内容は”完敗”であり、チームは心底喜べないでいるようだ。

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、メキシコGP決勝でタイヤに苦労し、非常に苦しい戦いを強いられた。しかし4位フィニッシュを果たしたことで、自身5度目のタイトル獲得を決めた。

 3番グリッドのハミルトンは、スタートで絶好の蹴り出しを見せて2番手に浮上したが、チームメイトのバルテリ・ボッタスと共にタイヤに苦労し、結局4位でレースを終えた。しかし、タイトル争いのチームメイトであるセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が優勝しなかったこともあり、自身5度目のタイトル獲得を果たすこととなった。

「ひどいレースだった」

 ハミルトンはレース後のインタビューでそう認めた。

「僕らは苦労していた。なんとか持ちこたえ、クルマをゴールまで運ぼうとしていたんだ」

 レース後も、ハミルトンは幾分堅苦しかった。しかしこれは、5回目のチャンピオン獲得を果たすことができるということを、考えられなかったからだという。

「基本的には、あまりにも感情的にはならないようにしている。でも現時点では、このタイトルを得られたことを光栄に感じている」

 ハミルトンはスカイスポーツF1にそう語った。

「現時点でそれを実感するのは、非常に、非常に難しい。もちろん、これは僕が夢見てきたことだ。でも何年もの間、5回もチャンピオンになれるなんて、想像もできなかった。そんなことが起きるなんて、思いもしなかったんだ」

 メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフも、レースのパフォーマンスに動揺していたと語る。

「少しほろ苦い気分だ」

 ウルフ代表もそうスカイに語った。

「我々は非常に悪いレースをした。その理由を理解する必要があるということが、我々の心の中で大きな部分を占めている。しかし、チャンピオンを獲れたということに満足するべきだろう」

 メルセデスのテクニカルディレクターであるジェームス・アリソンも、ハミルトンの苦しいパフォーマンスの後では、チャンピオン獲得を楽しむのは難しいと認めた。

「実に混乱した週末だった」

 アリソンはそう語った。

「我々が今日達成したことは、1年間の努力の結果であるということを、覚えておかなきゃいけない」

「今日は辛かった。とても辛かったんだ。しかし全体的な成果は最高だ。そして、ルイスの今年のドライビングはまさに無敵だった。だから、我々は満足しなければいけない」

「今回のように完敗だったとしても、幸せな結果であるということを思い出さなきゃいけない」

次の記事
【動画】F1第19戦メキシコGP決勝ハイライト

前の記事

【動画】F1第19戦メキシコGP決勝ハイライト

次の記事

ベッテル、タイトル争いの終焉は想定内も「堪え難い瞬間だった」

ベッテル、タイトル争いの終焉は想定内も「堪え難い瞬間だった」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント メキシコGP
サブイベント 日曜日 決勝レース
ドライバー ルイス ハミルトン 発売中
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Valentin Khorounzhiy
記事タイプ 速報ニュース