F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
52 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
66 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
80 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
94 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
101 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
115 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
129 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
136 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
150 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
157 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
171 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
185 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
213 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
220 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
234 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
241 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
255 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
269 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
276 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
290 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
304 days

ベッテルに完敗。ハミルトン、フェラーリの”トリック”対抗策を求める

シェア
コメント
ベッテルに完敗。ハミルトン、フェラーリの”トリック”対抗策を求める
執筆:
2018/08/27 1:02

ハミルトンは、ベッテルがベルギーGPに勝つことができた”秘訣”に対する対抗策を見つける必要があると主張した。

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)がベルギーGPに勝つことを可能にした”トリック”に対抗する策を、チームは考える必要があると語った。

 複雑なコンディションで行われた予選でポールポジションを獲得したハミルトンだったが、決勝では1周目のケメルストレートで優れた加速を見せたベッテルにオーバーテイクを許してしまった。

 その直後に出動したセーフティカー明けのリスタートを決めたベッテルは、そのままハミルトンに隙を与えず、11秒差で優勝。ポイントランキングにおいても、ハミルトンが持つリードを17ポイントに減らすことに成功した。

 レース終了直後にハミルトンは、フェラーリはマシンの搭載されたいくつかの”トリック”に助けられており、それがストレートでベッテルにオーバーテイクされた理由だとコメントした。

 今シーズン、フェラーリのマシンであるSF71Hは、多くの調査の対象となっている。特にマシンのハイブリッドシステムはFIAにより調査が行われたが、FIAは違法性はないとすでに表明している。

 レース後の記者会見で、コメントの説明を求められたハミルトンは、フェラーリが何か違法なことをしていると指摘したかった訳ではないと主張した。

「僕たちはみんな、マシンに”トリック”を持っているものだ。それは何か特別なものを指した言葉だ。僕は彼らのマシンにどんなものが載っているか分からないので、なんとも言えなかった」

「僕は、彼らが何か違法なことをしていると言った訳ではない。僕たちはみんな、追加のパフォーマンスをもたらす”トリック”を持っているんだ」

「彼らは今日、僕たちよりもパフォーマンスが優れていた。彼らが持っていて、僕たちが持っていないものがあるのかもしれない。その逆もまた然りだ。僕たちはそれが何かを見つけ、改善をしなくてはいけない」

 ハミルトンとメルセデスがパワーユニットをセーブすることを選んだため、レース終盤にはベッテルのリードが拡大した。しかしハミルトンは、スーパーソフトタイヤを使用していた時も、ソフトタイヤを使っていた時も、フェラーリの方が速かったと認めた。

「どちらのスティントも、彼の方が僕よりも少しペースが良かった」

「最初のスティント終盤は少し近づけたように思えて、彼と戦えるかと思った。だが結局それは意味をなさなかった。彼がペースを上げた時、僕は同じように走れなかった」

 ハミルトンとベッテルは、共にスパでアップグレードが施されたパワーユニットを使用していた。

「僕たちはとても良いアップグレードを持ってここに来た」と、ハミルトンはパワーユニットについて話した。

「全体的に、僕たちがアップグレードを持ち込むときは、比較的規模が大きなものになる」

「彼らがストレートで速いということは分かっていた。予選では、セクター1とセクター3が速かった」

「僕たちはそれを過去4レースで知っていたし、彼らのマシンにはストレートを速くする何かが載っているのだろうと思っていた。僕たちはもっと一生懸命作業をしなければならないと思う」

 一方のベッテルは、ハミルトンとのストレートスピードの違いは、2台の空力セッティングの違いからくるものだと考えているようだ。

「僕はもっとパワーが欲しいと願っている。それについては、エンジン部門の人たちがとてもうまくやってくれた」とベッテルは語った。

「僕たちは過去2年間で大きな進歩を遂げてきた。それは良いニュースだ」

「僕たちは少しウイングを寝かせていたので、セクター1とセクター3で(メルセデスよりも)速かった。セクター2は逆に遅かったんだ」

「パワーの面で、かなり近いところにいるという見方に反対するつもりはない。昨年、僕たちにはここで勝つチャンスはなかった。自分たちが進歩しているのが分かって嬉しいよ」

次の記事
ペレス「すでに2019年の契約にサインした」と明かす。発表はまもなく?

前の記事

ペレス「すでに2019年の契約にサインした」と明かす。発表はまもなく?

次の記事

”不得意なはず”のスパで入賞。ガスリー「モンツァでも同じことを」

”不得意なはず”のスパで入賞。ガスリー「モンツァでも同じことを」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ルイス ハミルトン 発売中
執筆者 Valentin Khorounzhiy