F1
02 4月
-
05 4月
イベントは終了しました
30 4月
-
03 5月
イベントは終了しました
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
イベントは終了しました
21 5月
-
24 5月
イベントは終了しました
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
3 days
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
10 days
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
31 days
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
45 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
59 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
87 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
94 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
108 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
115 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
129 days
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
143 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
150 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
164 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
178 days

メルセデスの新PUに多発するトラブル。ハミルトン「心配しても仕方ない」

シェア
コメント
メルセデスの新PUに多発するトラブル。ハミルトン「心配しても仕方ない」
執筆:
協力: Scott Mitchell
2019/09/01 11:56

メルセデスのルイス・ハミルトンは、メルセデス製PUを使う他車にトラブルが多発しているにも関わらず、自身のPUの信頼性について心配することは「意味がないこと」だと語る。

 メルセデスはベルギーGPにアップグレードしたパワーユニットを投入した。しかし、レーシングポイントのセルジオ・ペレスとウイリアムズのロバート・クビサのマシンにトラブルが発生。その信頼性が懸念されている。

 このふたつのトラブルは、いずれも同じスペックのパワーユニットであり、この他全てのメルセデスPUユーザーにも、同一スペックのPUが投入されている。つまり残る4人のドライバーには、同様のトラブルが発生する可能性があると言わざるを得ない。

 当然、メルセデスにとっても不安材料となるが、ルイス・ハミルトンは、自分が頭を悩ますよりも、チームにとって頭痛の種になるだろうと語る。

「エンジンが壊れてしまった理由の詳細を僕は知らない。本当に何も知らないから、心配すべきことはないんだ」

 そうハミルトンは語った。

「チームはそれを分析しようとしていると確信している。そして、彼らは僕らに少しのアイデアを与えてくれる。しかしそれでも、僕らは自分のやるべきことをするために集中しなければいけない。僕がそれについてできることはあまりないから、心配する必要なんてないんだ」

 ハミルトンはベルギーGPでのフェラーリについて、1周の速さではかなりのアドバンテージがあるものの、レースラップになるとより脆弱になる可能性があると考えている。

「シャルル、おめでとう。彼は週末を通じてとても速かった」

 そうハミルトンは語った。

「しかしロングランという観点で見れば、少なくとも明日は、少し挑戦することができると思う。それ(一発の速さ)はストレートスピードによる部分が少しあると思う。一般的に、フェラーリはそういうポジションにいる。でも通常、レースではそれほどではない」

「明日彼らと同じようなところにいることができれば、興味深い戦略を立てることができるだろう。どうなるか見てみよう」

 ハミルトンはフリー走行3回目でクラッシュを起こした。その結果チームは、予選までにマシンを修理する必要に迫られた。そのようなクラッシュは、ハミルトンにとっては珍しいことだと言えるが、それを深読みする必要はないと語る。

「あまりにも深く考えすぎだと思う」

 集中力が低下していたのかと尋ねられたハミルトンは、そう語った。

「そういうことは時々起きる。僕だって人間なんだ」

「僕のこれまでの実績はかなり良いと思う。でも、そういうことは時々起きる。ああいうことをやった時にはイライラするし、気分が良くない。デビューイヤーでも、13年目であっても、それは同じだ。しかし、そのミスからはいつでも学ぶことができる」

「常に希望の兆しがあり、自分自身を取り戻すことができるチャンスがある。そして、常に仲間との経験があるんだ。今日はチームにとっては大きなチャレンジだったと思う」

「彼らは並外れた仕事をしたと思うし、一般的に予選で成し遂げた仕事にはとても満足している。全体としては、ポジティブだった」

「僕はガレージの後ろに行き、壊れた僕のパーツを見た。そして『おぉ、可哀想に』というように感じた。でも彼らはそれを直す。うまくいけば、おそらくそのパーツを直すことになるだろう。もしくは、トト(ウルフ)のオフィスかどこかに行って、サインをして申し訳ないと言わなければいけないのかもしれない」

Read Also:

次の記事
F2レース1で逝去のユベールに対し、ベルギーGP開始前に1分間の黙祷を実施

前の記事

F2レース1で逝去のユベールに対し、ベルギーGP開始前に1分間の黙祷を実施

次の記事

2019年 FIA F1世界選手権第13戦ベルギーGP決勝ライブテキスト

2019年 FIA F1世界選手権第13戦ベルギーGP決勝ライブテキスト
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第13戦ベルギーGP
ドライバー ルイス ハミルトン 発売中
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Jonathan Noble