F1界からも好感続々。ブラッド・ピット主演のハリウッドF1作品は「ファンの琴線に触れる最高のレース映画に」とハミルトン

ブラッド・ピット主演のハリウッドF1映画プロジェクトについて、プロデューサーを務めるルイス・ハミルトンは「これまでで最高のレース映画になる」と自信を見せている。

Lewis Hamilton, Mercedes AMG

 2023年後半から撮影が開始されることとなった、ブラッド・ピット主演のハリウッドF1映画プロジェクト。アメリカGP開催中、サーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)にはこの映画の主演ブラッド・ピット、プロデューサーのジェリー・ブラッカイマー、監督のジョセフ・コシンスキー、脚本家のエーレン・クルーガーが来場し、F1チーム代表に同プロジェクトについて説明を行なった。ブラッカイマーとコシンスキー、クルーガーの3名は、2022年の大ヒット作『トップガン:マーベリック』の製作チームのメンバーだ。

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、マネージャーのペニー・ソウと共同で最近立ち上げた映画制作会社「ドーン・アポロ・フィルムズ(Dawn Apollo Films)」を通して、このプロジェクトにプロデューサー兼アドバイザーとして参画するが、この作品は「最高のレース映画になる」と自信を見せている。

 ハミルトンは、この映画プロジェクトの他にも、自身のキャリアを描いたドキュメンタリー映画にも携わっている。どちらもAppleがバックアップしており、アメリカGPには同社のティム・クックCEOがCOTAを訪れ、チェッカーフラッグを振った。

関連ニュース:

 ブラッド・ピット擁するハリウッド陣営との映画製作についてmotorsport.comから質問を受けたハミルトンは、次のように答えている。

「信じられないほど興奮している」

「僕らがタッグを組むチームからしても、本当に信じられないレベルなんだ」

「今回はティム・クックも来た。彼を招くことができるのは光栄だし、彼と彼のチームは本当に協力的で、僕のドキュメンタリーを支援してくれているし、この映画にもゴーサインを出してくれた」

「そして伝説の男ブラッドもいる。ジェリーも初代トップガンを作った本当に素晴らしいレジェンドだ。そしてジョー(コシンスキーの愛称)も監督として素晴らしい才能を持っている」

「僕はこの映画に大きな期待を寄せている。視覚的にも、そしてファンの琴線に触れるような最高のレース映画になると信じている」

Actor Brad Pitt visits the Paddock

Actor Brad Pitt visits the Paddock

Photo by: Carl Bingham / Motorsport Images

 この映画プロジェクトについては、F1チームからもポジティブな反応が見られている。全体プレゼンテーション、個別ミーティングで説明を受けたF1チーム代表たちは、このプロジェクトがF1全体を盛り上げる要素になると捉えている。

「この種のプロジェクトにおいて、全てのチームの立場を考慮する必要はないと思う」

 アルファロメオのフレデリック・バスール代表はそう語る。

「私としては、F1全体にとってメガ級の前進になり得ると捉えている。Netflixが数年前にやったのと同じように、あるチームについて話されたり、あるチームの映像が使われることになる。チームの露出が増えるのは確かだ」

「しかし(今回の映画は)全体を見れば、F1にとって良いことだと思うし、巨大なプロジェクトだ」

 ハースF1のギュンター・シュタイナー代表も、このプロジェクトを歓迎している。

「彼らが見せてくれた映像技法には特に感銘を受けた」

「マーベリックを撮る時に使っていたモノで、私はこんなモノがあるなんて知らなかった。彼らはこういうことを通して、ベストなショットを切り出してくれると思う」

「フレッド(バスールの愛称)も言っていた通り、F1には最適だ。こういうことを、彼らのような優秀な人とやるのはとても良いことだ。ネガティブなことはなく、ポジティブなことばかりだ。だから素晴らしいことだね」

 またアストンマーチンのマイク・クラック代表は、チームと映画関係者は実現に向けて真剣な話し合いを行なったと明かした。

「我々は彼らと話し合いを行なった。そこにはローレンス(ストロール/アストンマーチンオーナー)も一緒に参加してくれた。実際、予想していたよりもかなり長引いたから、その後のスケジュールが少し押しちゃったよ!」

「でも話し合いはとても、とても前向きだ。私達はできる限りこのプロジェクトをサポートするつもりだし、我々の関与がどれくらいなのかを確認する必要がある」

 
関連ニュース:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 角田裕毅、”不思議な”F1メキシコGP以降は「クリーンな週末で入賞を」なおFP1では新人ローソンが出走
次の記事 F1アメリカGP、将来的には“2&4レース” に? COTAが2輪バイクレースの併催に関心示す

Top Comments

最新ニュース

元フェラーリF1代表のマッティア・ビノットがアウディF1に加入、プロジェクト責任者に。アンドレアス・ザイドルは離脱へ

元フェラーリF1代表のマッティア・ビノットがアウディF1に加入、プロジェクト責任者に。アンドレアス・ザイドルは離脱へ

F1 F1
元フェラーリF1代表のマッティア・ビノットがアウディF1に加入、プロジェクト責任者に。アンドレアス・ザイドルは離脱へ
海外F1記者の現場勘|レッドブル昇格が「角田裕毅のためになるとは思えない」アストン・ホンダが求めるドライバーになれるはず

海外F1記者の現場勘|レッドブル昇格が「角田裕毅のためになるとは思えない」アストン・ホンダが求めるドライバーになれるはず

F1 F1
ハンガリーGP
海外F1記者の現場勘|レッドブル昇格が「角田裕毅のためになるとは思えない」アストン・ホンダが求めるドライバーになれるはず
雨のスーパーフォーミュラSUGO戦でなぜアクシデントが多発したのか。複合的要因の考察とタイヤメーカー横浜ゴムに聞く今後の対応

雨のスーパーフォーミュラSUGO戦でなぜアクシデントが多発したのか。複合的要因の考察とタイヤメーカー横浜ゴムに聞く今後の対応

SF スーパーフォーミュラ
雨のスーパーフォーミュラSUGO戦でなぜアクシデントが多発したのか。複合的要因の考察とタイヤメーカー横浜ゴムに聞く今後の対応
F1分析|角田裕毅の”誰にも真似できない”完璧なタイヤマネジメントでハンガリーGP入賞。優れた戦略と、少しの幸運も後押し

F1分析|角田裕毅の”誰にも真似できない”完璧なタイヤマネジメントでハンガリーGP入賞。優れた戦略と、少しの幸運も後押し

F1 F1
ハンガリーGP
F1分析|角田裕毅の”誰にも真似できない”完璧なタイヤマネジメントでハンガリーGP入賞。優れた戦略と、少しの幸運も後押し

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本