F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
R
F1 70周年記念GP
07 8月
イベント 進行中 . . .
14 8月
次のセッションまで……
6 days
28 8月
次のセッションまで……
20 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
27 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
34 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
48 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
62 days
23 10月
次のセッションまで……
76 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
84 days

「5秒ペナルティは重すぎる」メルセデス代表、アルボンと接触のハミルトンを擁護

シェア
コメント
「5秒ペナルティは重すぎる」メルセデス代表、アルボンと接触のハミルトンを擁護
執筆:
2020/07/06 3:21

メルセデスのトト・ウルフ代表は、F1開幕戦オーストリアGPでルイス・ハミルトンに与えられたペナルティは厳しすぎると考えている。

 F1開幕戦オーストリアGPで、アレクサンダー・アルボン(レッドブル)との接触による5秒のタイムペナルティが響き表彰台を逃したルイス・ハミルトン(メルセデス)。メルセデスのトト・ウルフ代表は、この裁定が厳しすぎると感じている。

Read Also:

 レース終盤に2番手を走行していたハミルトンは、セーフティカー明けにアルボンからの追撃にあい、ターン4で2台並んだが接触。アルボンはスピンしてしまった。

 スチュワードがこの件について調査した結果、インシデントの責任はハミルトンにあり、アルボンに対してもっとスペースを与えるべきだったと判断し、5秒ペナルティの裁定を下した。

 だがウルフ代表は、ハミルトンが既にステアリングをいっぱいまで切っていたため、他にできることはなかったと語り、彼を養護する姿勢を見せた。

「スチュワードは常に正しい判断を下すのが難しい立場にある」とウルフは言う。

「今日はルイス、そしてチームにとって良くない1日になった」

「彼はレース前、(予選での黄旗無視による)3グリッドの降格ペナルティを受けた。それはレッドブルが別のカメラアングルからの映像を提出したためで、我々は冷静に受け止めなければいけない」

「それからレースでは、あくまで私個人の見解ではあるが、5秒ペナルティというのは厳しすぎると思った。我々も何度かその時の映像を見たんだ」

「ルイスはコーナーでステアリングをいっぱいまで切っている。アルボンにはコースの約40%がスペースとして与えられていたし、ルイスがアルボンに押し出された1周目とは状況が異なっていた」

「だから個人的には、(ペナルティが)正当ではないと思った。ただ(スチュワードの)仕事の複雑さ、正しい判断をすることの難しさは認識している。裁定に賛成する人もいれば、反対する人もいるんだ」

 アルボンはレース後のインタビューの中で、レース中はF1初優勝のチャンスがあると感じていたと話していた。ハミルトンとアルボンが接触するのは昨年のブラジルGP以来2度目で、その際もハミルトンが5秒のタイムペナルティを受けている。

 

Read Also:

ライコネンのタイヤが突然脱落……アルファロメオ、ピットの不手際で60万円の罰金

前の記事

ライコネンのタイヤが突然脱落……アルファロメオ、ピットの不手際で60万円の罰金

次の記事

ハミルトン、打倒ボッタス目指しタイヤギャンブル狙うも……「最初のSCで台無しになった」

ハミルトン、打倒ボッタス目指しタイヤギャンブル狙うも……「最初のSCで台無しになった」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント オーストリアGP
ドライバー ルイス ハミルトン 発売中
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Jonathan Noble