F1
02 4月
-
05 4月
イベントは終了しました
30 4月
-
03 5月
イベントは終了しました
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
イベントは終了しました
21 5月
-
24 5月
イベントは終了しました
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
8 days
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
15 days
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
36 days
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
50 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
64 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
92 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
99 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
113 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
120 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
134 days
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
148 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
155 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
169 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
183 days

ハミルトン、紫色の新ヘルメット公開。心身ともにリフレッシュし”仕事始め”

シェア
コメント
スライダー
リスト

Helmet of Lewis Hamilton, Mercedes

Helmet of Lewis Hamilton, Mercedes
1/3

写真:: Lewis Hamilton

Helmet of Lewis Hamilton, Mercedes

Helmet of Lewis Hamilton, Mercedes
2/3

写真:: Lewis Hamilton

Helmet of Lewis Hamilton, Mercedes

Helmet of Lewis Hamilton, Mercedes
3/3

写真:: Lewis Hamilton

執筆:
2020/02/13 3:17

ルイス・ハミルトンは、メルセデスの新車発表を前にカラーリングを一新した2020年用のヘルメットを公開した。

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、カラーリングを一新した2020年用のヘルメットを公開した。

 ハミルトンは、メルセデスAMG F1の公式ツイッターで公開された動画でファンにメッセージを送った数時間後、今度は自身のツイッターに新ヘルメットの画像を掲載した。

 これまで黄色や白をベースにしたヘルメットを主に使用してきたハミルトンだが、2020年はイメージを一新。自身のチャンピオン獲得回数にちなんで6つの星があしらわれた、紫色のヘルメットとなっている。照明の影響か、左側面は黒色となっているようにも見える。

 

「今日が仕事始めだ」と、ハミルトンは語った。

「間違いなくワクワクしている。素晴らしい冬だった。家族や友人とたくさんの時間を過ごした」

「中でも一番良かったのは、父と一緒だったことだ。次に、今年のトレーニングはこれまでと違っていた。僕は心身ともに、昨年とは別のレベルにあると感じているので、本当にポジティブだ」

 ハミルトンにとって、2020年はミハエル・シューマッハーに並ぶ、7度目のドライバーズチャンピオン獲得を目指す年になる。

 彼は今季の挑戦について、次のように述べた。

「みんなが”ナンバー7”に夢中になっていることは分かっている。でも、一歩ずつ進んでいく必要があると思う。他のみんなと比べた時に、どんな位置に立つことになるかは分からないんだ」

「テストプログラムをより効率的に進めていきたい。今年は特に(走行)時間が少なくなったからね。僕たちにはまだ、やるべきことがたくさんあるんだ」

Read Also:

次の記事
偽物を出してもしょうがない……ルノー、“チラ見せ”新車発表の理由を説明

前の記事

偽物を出してもしょうがない……ルノー、“チラ見せ”新車発表の理由を説明

次の記事

2021シーズンはもう始まっている? 今季のリソース配分が勢力図に影響か

2021シーズンはもう始まっている? 今季のリソース配分が勢力図に影響か
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ルイス ハミルトン 発売中
執筆者 Charles Bradley