ハミルトン、ロッシ、リカルド……『世界で最も市場価値のあるアスリート50人』にモータースポーツから3名が選出

イギリスのSports Proは2021年版の『世界で市場価値のあるアスリート50人』を発表。モータースポーツ界からはF1のルイス・ハミルトン、ダニエル・リカルド、MotoGPのバレンティーノ・ロッシが選出された。

ハミルトン、ロッシ、リカルド……『世界で最も市場価値のあるアスリート50人』にモータースポーツから3名が選出

 英国のスポーツビジネスを取り扱う企業であるSportsProは、マーケティングの観点から世界で最も影響力のあるアスリートを選出する“50 Most Marketable Athletes”の最新版を公表。モータースポーツ界からも3名が選出されている。

 このリストが集計されるのは今回で12回目。アスリートがソーシャルメディアなどのプラットフォーム上で行なう活動を多面的に評価して決定されている。

 リストアップされた中で、最も市場に影響力があるとされたのは、体操選手のシモーネ・バイルズ。2016年のリオオリンピックで4冠を達成するなど数々の記録を保持している。今年行なわれた東京オリンピックでは自身のメンタルヘルスを重視し、期間中に競技を欠場する決断を下したことでも注目を集めていた。なお彼女はその後平均台で競技に復帰。銅メダルを獲得している。

 テニスの大坂なおみが2位に並び、その後もサッカー選手やテニス選手、バスケットボール選手など、著名なアスリートたちが続いている。

 そしてモータースポーツ界からも3名がこのリストにランクイン。F1のルイス・ハミルトン、ダニエル・リカルド、そしてMotoGPのバレンティーノ・ロッシの3名だ。

 最も高い位置につけたのがハミルトンで、16位。彼はF1で最多タイとなる7度のタイトル獲得に並ぶなど、多くの記録を保持している。ハミルトンはF1で唯一の黒人ドライバーであり、近年はスポーツ界でも最も積極的に人種差別や不公平への反対の声を上げており、ソーシャルメディアでも強い存在感を放っている。

 またMotoGPからの現役引退を発表したロッシが29位につけた。ロッシは世界選手権で通算9度のタイトルを獲得し、通算115勝を記録している、“生きるレジェンド”とまで呼ばれているライダー。彼はキャリアを振り返ると、一般の人々をロードレースに引き込むことができたのは自分の功績ではないかと語っている。

 そしてリカルドは32位に続いた。今シーズンはマクラーレンに移籍して以来苦戦が続いているが、SNS上での発信にも積極的で、多くのフォロワーを抱えている。

 

Read Also:

50 Most Marketable Athletes

1 - シモーネ・バイルズ(体操選手 - アメリカ)

2 - 大坂なおみ (テニス - Japan)

3 - アシュリン・ハリス (サッカー - アメリカ)

4 - サウル・アルバレス (ボクシング - メキシコ)

5 - パウロ・ディバラ (サッカー - アルゼンチン)

6 - クリスティアーノ・ロナウド (サッカー - ポルトガル)

7 - アリ・クリーガー (サッカー - アメリカ)

8 - ステファノス・チチパス (テニス - ギリシャ)

9 - ノバク・ジョコビッチ (テニス - セルビア)

10 - アレックス・モーガン (サッカー - アメリカ)

11 - ハルディク・パンディア (クリケット - インド)

12 - リオネル・メッシ (サッカー - アルゼンチン)

13 - ロジャー・フェデラー (テニス - スイス)

14 - セルヒオ・ラモス (サッカー - スペイン)

15 - カリム・ベンゼマ(サッカー - フランス)

16 - ルイス・ハミルトン (Formula 1 - イギリス)

17 - ティアクーパー (バスケットボール - アメリカ)

18 - ロベルト・レヴァンドフスキ (サッカー - ポーランド)

19 - グリゴール・ディミトロフ (テニス - ブルガリア)

20 - ナイジャ・ヒューストン (スケートボード - アメリカ)

21 - セリーナ・ウィリアムズ(テニス - アメリカ)

22 - キャンデース・パーカー (バスケットボール - アメリカ)

23 - キリアン・エムバペ(サッカー - フランス)

24 - レブロン・ジェームズ(バスケットボール - アメリカ)

25 - ドミニク・ティエム (テニス - オーストリア)

26 - ラファエル・ナダル (テニス - スペイン)

27 - トーマス・ミュラー (サッカー - ドイツ)

28 - ケイティ・レデッキー (水泳 - アメリカ)

29 - バレンティーノ・ロッシ(ロードレース - イタリア)

30 - ステフィン・カリー (バスケットボール - アメリカ)

31 - ネイマール (サッカー - ブラジル)

32 - ダニエル・リカルド (Formula 1 - オーストラリア)

33 - ベサニー・ハミルトン (サーフィン - アメリカ)

34 - クリスティ・ミュイス (サッカー - アメリカ)

35 - ミーガン・ラピノー (サッカー - アメリカ)

36 - ガブリエウ・メジーナ (サーフィン - ブラジル)

37 - ケリー・オヘーラ (サッカー - アメリカ)

38 - リヤド・マフレズ (サッカー - アルジェリア)

39 - ジュリー・アーツ (サッカー - アメリカ)

40 - コディ・ベリンジャー (野球 - アメリカ)

41 - メスト・エジル (サッカー - ドイツ)

42 - クロエ・キム (スノーボード - アメリカ)

43 - トビン・ヒース(サッカー - アメリカ)

44 - リーケ・マルテンス (サッカー - オランダ)

45 - シドニー・ルルー (サッカー - アメリカ)

46 - キャム・ニュートン (アメリカンフットボールー - アメリカ)

47 - シカール・ダワン (クリケット - インド)

48 - ポール・ポグバ (サッカー - フランス)

49 - シドニー・マクラフリン (陸上- アメリカ)

50 - デビン・ブッカー (バスケットボール - アメリカ)

 

シェア
コメント
危うくスタート大失敗……リカルド、とっさに左クラッチパドルで発進「もっと練習してみるよ!」
前の記事

危うくスタート大失敗……リカルド、とっさに左クラッチパドルで発進「もっと練習してみるよ!」

次の記事

レッドブル、アルボンのウイリアムズ移籍後も関係は継続「将来のオプションを含む彼との関係は維持」

レッドブル、アルボンのウイリアムズ移籍後も関係は継続「将来のオプションを含む彼との関係は維持」
コメントを読み込む