F1
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .

「すごく新鮮に感じられる」ハミルトン、“久しぶり”のポール獲得に喜び

シェア
コメント
「すごく新鮮に感じられる」ハミルトン、“久しぶり”のポール獲得に喜び
執筆:
2019/12/01 2:46

F1第21戦アブダビGPでポールポジションを獲得したルイス・ハミルトン。彼は最後にPPとなったドイツGP以来の“スランプ”を終わらせることができたと話した。

 F1第21戦アブダビGPの予選は、メルセデスのルイス・ハミルトンが速さを示し、ポールポジションを獲得。第11戦ドイツGP以来のことだ。

 これでハミルトンはチームメイトのバルテリ・ボッタスに並ぶ今季5回目のポールポジションとなり、通算では88回目となった。

「ドイツGP以来よりも、もっと久しぶりに感じるよ」と、ハミルトンはPP獲得後に語った。

「正直に言って、ドイツGPではどうやってPPを獲得したのか覚えていないんだ! サマーブレイクから戻ってきて、ライバルは目を見張るようだったし、素晴らしい仕事をしていたからね」

「自分の予選が酷いものだったとは思っていないけど、普通の基準に達していなかったかもしれない」

「正直、88回目のPPというのは本当に不思議な感じがする。なぜだかはわからないけど、最初の事のように感じるんだ。とても新鮮だけど、おそらくシーズンの序盤から長いこと経っているからかもしれない」

 今季のF1は、前半戦でメルセデスが支配的な強さを見せていたが、後半戦に入るとフェラーリが復調。予選パフォーマンスで他チームを圧倒してみせ、さらにレッドブルも競争力を高めてきたことで、メルセデスが相対的に埋もれてしまっていたと言えるだろう。

 ただハミルトンにそうしたことを懸念していたのかを訊くと、彼はそれを否定した。

「いいや、シーズンを通して心配することはなかった」

「全部で勝つことはできないと分かっている。それに僕は長年に渡って比較的幸運で、良い仕事をしてきたからね」

「クルマを理解し、そこから最大限の物を絞り出して、空回りすることなくシーズンを通じて適切なバランスを見つけようとしているだけだと思う」

「オースティンは(メルセデスが)最後にフロントロウに並ぶことができたレースだった。バルテリがそれを遂げたけど、僕はそこにはいなかった。だからフラストレーションが溜まっていたよ。日本でも同じような状態だったしね」

「でも直近の2レースでは、僕は多くの実験を行なっていた。僕のドライビングスタイルとマシンを使って、なんとかして“もう少し”を引き出せないか試していたんだ」

「接近しているとは思うけど、100%じゃない。でも今年学んだことを、来年に活かしていくつもりだ」

 またハミルトンは初日の走行を終えた後、彼の実験的な試みがマシンを不安定にしていると話していた。そして彼はそれによって仕事が難しくなっていたと認めた。

「1年の間でも、予選の面で最も簡単だったとは言えない。徐々に削り取っていったようなものだ」

「初日は少し難しくて、今日は自分自身に再び集中する必要があった。最善なのは、Q3に進出して2度ベストラップを刻むことだ」

「最初のアタックは特別に感じられたし、2度目も明らかに改善があったんだ」

Read Also:

次の記事
F1アブダビGP予選:ハミルトン10戦ぶりPP。フェルスタッペンはフロントロウに並ぶ

前の記事

F1アブダビGP予選:ハミルトン10戦ぶりPP。フェルスタッペンはフロントロウに並ぶ

次の記事

「今年最後、悔いを残さないように……」ホンダ田辺TDアブダビ決勝へ意気込み

「今年最後、悔いを残さないように……」ホンダ田辺TDアブダビ決勝へ意気込み
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第21戦アブダビGP
ドライバー ルイス ハミルトン 発売中
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Scott Mitchell