F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
01 時間
:
05
:
47
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
7 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
21 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
35 days

「PPに値する走りだった」ハミルトン、“完璧なラップ”もルクレールに届かず

シェア
コメント
「PPに値する走りだった」ハミルトン、“完璧なラップ”もルクレールに届かず
執筆:
2019/09/29 10:00

ルイス・ハミルトンはロシアGPで2番手に留まったものの、予選での走りはPPに値すると感じていると話した。

 ソチ・オートドロームで行われているF1第16戦ロシアGP。その予選では、フェラーリのシャルル・ルクレールが4戦連続のポールポジションを獲得した。メルセデスのルイス・ハミルトンは、3戦連続で2番グリッドからのスタートだ。

 ただハミルトンとしては、ストレートスピードのパフォーマンスに優れるフェラーリの2台に割って入れたことに満足しているようだ。

 フェラーリとルクレールの組み合わせに対する自身の予選での走りをどう評価するのかmotorsport.comが訊いたところ、ハミルトンは次のように答えた。

「僕はここ数戦の(予選での)ラップは、どうマシンを最大限活用するか、まとめあげるか……そういった点でポールポジションに値するものだったと思っている。もちろん、彼らは僕らより速く、シャルルはいい仕事をした。僕が言いたいのは可能な限り限界に接近している、という事だ」

「彼らと比較して、パフォーマンスで少し失っていても、シーズン後半でマシンはより快適さを増している。ただ依然として、僕自身、そして全員が協力して進める仕事が残っている」

「僕が言いたいのは、単に完璧なラップをまとめ上げるという点で、僕は毎回可能な限りそこに近づいていると感じているということだ」

「でも(完璧な)ラップを終えると、ポールポジションからは遠く離されているんだ」

「だけど今のところ、僕らに対してアドバンテージを持つ2台のフェラーリに割って入れたことはかなりの成果だと感じている」

 またハミルトンは予選2番手は良いポジションだとしつつも、ホームストレートで0.3秒を失っているため、フェラーリに追いつくのは非常に難しいと語った。

「最後のラップはこの週末の中でベストなものだったはずだ。何もミスはしていないからね」

「フェラーリに割って入るためにマシンから全てを引き出したんじゃないかと本当に思うよ。簡単な仕事じゃなかった」

 メルセデス勢はハミルトンとバルテリ・ボッタス、両名ともQ2をミディアムタイヤで通過。つまり決勝ではソフトタイヤスタートとなるフェラーリとは異なるタイヤでスタートすることになる。

 ハミルトンはフェラーリに3連敗を喫した後に迎えた今回のレースで、何か違うことを試みる必要があると語った。

「明日のスタートはタフなものになるだろう。僕らがリードもしくはポールを獲っていたとしても、彼らは直線でかなり速い」

「僕らが最初のコーナーに差し掛かるまでに、彼らはジェット燃料かなにかを使って僕らを追い越すだろうね!」

「それが、僕らが異なるタイヤ戦略を選んだ理由でもある。それを利用して、プレッシャーをかけられればと思っているよ」

Read Also:

 

次の記事
2019年 FIA F1世界選手権第16戦ロシアGP決勝ライブテキスト

前の記事

2019年 FIA F1世界選手権第16戦ロシアGP決勝ライブテキスト

次の記事

アルボン、ロシアGPはピットレーンスタートを選択。フロアの仕様を変更

アルボン、ロシアGPはピットレーンスタートを選択。フロアの仕様を変更
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第16戦ロシアGP
ドライバー ルイス ハミルトン 発売中
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Scott Mitchell