ハミルトン、2021年仕様の新タイヤを批判「あまり言いたくないけど……1周1秒遅い」

メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1バーレーンGP初日にテストされた2021年仕様の新しいタイヤを批判した。

ハミルトン、2021年仕様の新タイヤを批判「あまり言いたくないけど……1周1秒遅い」

 F1にタイヤを供給しているピレリは、2021年に向けて新しい構造が採用されたタイヤを持ち込み、F1バーレーンGPの初日フリー走行で各チームがこれをテストした。しかし、メルセデスのルイス・ハミルトンは新しいタイヤに良い印象を抱かなかったようだ。

 ピレリは、ポルトガルGPのFP2で様々なプロトタイプタイヤを各チームに割り当て、ブラインドテストを実施した。ピレリは各チームのデータを分析し、好ましい構造を選定。来季に向けてFIAがホモロゲーションを行なった。

 バーレーンGPのFP1とFP2では、全ドライバーに新構造のタイヤが2セット供給された。2021年に向けて開発を進めているチームが、このテストでデータを集め、タイヤを使いこなせるようにすることを主な目的としていた。新タイヤは今回のミディアムタイヤと同じコンパウンドを使用。そのためドライバーたちは構造の違いを直接比較できたはずだ。

Read Also:

 ハミルトンは当初、新しいタイヤを批判することに消極的に見えたが、元々の計画に固執し、来季も2019年のタイヤを使うべきだと示唆した。

 新タイヤについての考えを訊かれたハミルトンは「僕は何も言わないように頑張っているよ」と語った。

「僕が言いたいのは、毎週末ピレリの人たちがタイヤを積んで、ここ(サーキット)に持ってきて安全を守ってくれていることに最大限の敬意を払っているということだ。そして彼らは、素晴らしい仕事をしてくれている」

「僕たちはここ2年間、同じタイヤを使ってきた。2019年の終わりに、彼らはいつもと同じように新しいタイヤを持ってきてくれた。そして、それはかなり悪くなっていたんだ。だから彼らは『良いだろう、じゃあ昨年のタイヤを使おう』と言ったんだ」

「彼らは2年かけて、より良いタイヤを開発してきた。その結果、3kg重いタイヤが出来上がった。1周あたり1秒も遅くなってしまった」

「ファンにとってはあまり違いがないことは分かっているけど……ドライバーの立場から言えば、テクノロジーの最先端にいるブランドやパートナーと一緒に仕事をし、前に進んでいるんだ」

「だから2年間の開発の後、後戻りするというのは、何が起きているのか分からないんだ」

「だから良い気分じゃないし、心配だよ。僕はこのタイヤのままが良いんだ。彼らができることがこれで全部で、あれがベストなのだとしたら、このタイヤを使い続ける方が良いだろう」

 ハミルトンは路面コンディションに苦しんだ前戦のトルコGPやその前のポルトガルGPとは大きくコンディションが異なることから、セットアップを最適化するのは容易ではないと付け加えた。

「僕に関しては、今のバランスは特に満足していない。でもおそらく誰もが同じようなポジションにいると思う」

「コースは非常に滑りやすく、突風が強いんだ。トルコやポルトガルのような場所とは違って、タイヤの働き方が全く違うんだ」

「だからアウトラップでタイヤの温度を上げようと高速で走るのではなく、ゆっくりと走ってタイヤの温度を上げすぎないようにしているんだ。僕たちには、間違いなくやるべきことが残っている」

 レッドブルのアレクサンダー・アルボンも、2021年仕様のタイヤが理想的ではないことに同意した。

「そのタイヤは遅いんだ」とアルボンは語った。

「遅いし、グリップもあまり良くない。今のタイヤと比べて1秒以上遅くなっている。それはあまり良い兆候じゃない。どうなるか見てみよう」

Read Also:

シェア
コメント
フェルスタッペン、バーレーン初日はポジティブな1日「でもメルセデスは速そう」

前の記事

フェルスタッペン、バーレーン初日はポジティブな1日「でもメルセデスは速そう」

次の記事

ドライバーから批判相次ぐ2021年仕様タイヤ……「二度と見たくない」とベッテル

ドライバーから批判相次ぐ2021年仕様タイヤ……「二度と見たくない」とベッテル
コメントを読み込む