F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
1 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
8 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
22 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
36 days

フェラーリに僅差の初日……ハミルトン「レースで戦う力がある」

シェア
コメント
フェラーリに僅差の初日……ハミルトン「レースで戦う力がある」
執筆:
2019/09/07 3:04

F1第14戦イタリアGPで、メルセデスのルイス・ハミルトンはフェラーリに接近する事ができ“驚いた”と話している

 F1第14戦イタリアGP初日は、ホーム戦となるフェラーリのシャルル・ルクレールがフリー走行1回目2回目共に、トップタイムをマークした。

 イタリアGPは前戦ベルギーGPに続き、カレンダーでも随一の高速サーキット。直線パフォーマンスに優れるフェラーリが、その力を見せつける結果となった。ただ、FP2で2番手につけたルイス・ハミルトン(メルセデス)は、ルクレールから僅か0.068秒差とすぐ後ろにまで迫っている。

「前戦に比べれば巨大な差というわけではないね」と初日セッションを終えたハミルトンは語った。

「言うまでもないけど、フェラーリは直線で極めて速い。でも僕らはレースペースでかなりの強さがあると思っている。それに1周のラップタイムでも、少しは近づけるポテンシャルがあるかもしれない。だから彼らと戦えると可能性はあると思う」

「こういった結果は驚くべきものだ。正直に言えば、彼らが直線でとても速いことを別としても、僕は今週末どんな結果を期待できるのか分からなかった」

「だけど直線での差を取り戻せるだけの十分なコーナーがある。彼らはコーナーではそこまで速くないから、ある種の均衡が取れているんだ」

「まあそうは言っても、本当に厳しいレースになるだろうと考えているけど、僕らはフェラーリと似たようなレベルにいる。それはとても良い点だよ」

 チームメイトのバルテリ・ボッタスは初日をハミルトンから0.3秒遅れの4番手タイムで終えたが、彼もまた初日セッションを通して好感触を得られた様子を見せた。

「アタックラップではベストなトウ(スリップストリームによって得られるアドバンテージ)が無かった。その事以外は良い感触だったよ」とボッタスは語った。

「それからロングランはとてもポジティブなものだった。最後に燃料を多く入れて走ったけど、良いペースだったし、良いフィーリングがあったんだ」

 またボッタスはハミルトンと同様に、自分たちのペースはフェラーリに匹敵するものがあると語っている。

「ここに来る時は、フェラーリが強いだろうなと思っていた。だけど僕らとしてはスパよりは悪くないように見える。だからこの週末、チャンスがあることは確かだよ」

 ではメルセデスは予選でポールポジションを奪い取れそうなのだろうか? それを訊かれたボッタスは「まぁ、チャンスはあると思う。ただ間違いなく完璧なセットアップが必要になるし、パーフェクトなトウも必要だ。それが鍵になるだろう」と答えている。

Read Also:

次の記事
フェルスタッペン、スペック4に手応え「間違いなく効果がある。パワーも上がった」

前の記事

フェルスタッペン、スペック4に手応え「間違いなく効果がある。パワーも上がった」

次の記事

F2での大事故を受けた急激なトラック改革……フェルスタッペンは否定的

F2での大事故を受けた急激なトラック改革……フェルスタッペンは否定的
コメントを読み込む