ハミルトン、新型コロナに感染。サクヒールGP欠場へ……最終戦出場にも疑問符

メルセデスのルイス・ハミルトンが、新型コロナウイルスに感染したことが発覚。今週末に開催されるサクヒールGPを欠場することになった。

ハミルトン、新型コロナに感染。サクヒールGP欠場へ……最終戦出場にも疑問符

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、新型コロナウイルスに感染したことが発覚。そのため、今週末にバーレーンで行なわれるサクヒールGPを欠場することになった。

Read Also:

 ハミルトンは今季ここまでで11勝。既にドライバーズタイトル獲得を決めており、先日のバーレーンGPでも勝利を収めた。

 そんなハミルトンだが、バーレーンGPの後に行なわれた新型コロナウイルスの検査で陽性と判定されたことが明らかになった。

 そのためハミルトンは、バーレーンGPと同じバーレーン・インターナショナル・サーキットで行なわれるサクヒールGPを欠場することになった。これでハミルトンは、レーシングポイントのセルジオ・ペレス、ランス・ストロールに続き、新型コロナウイルスに感染した3人目のF1ドライバーということになった。

 メルセデスはハミルトンの代役を立てることになるが、まだその名前は発表されていない。

 ハミルトンが復帰するためには、新型コロナウイルスの検査で陰性であると判定されなければならない。しかし、最終戦アブダビGPはサクヒールGPのすぐ翌週に予定されているため治療に充てられる時期は短く、ハミルトンの参戦が可能かどうかは不透明な状況だ。

Read Also:

シェア
コメント
こんな事は初めて……グロージャンの事故現場に駆け付けた医療チームが当時の状況を語る

前の記事

こんな事は初めて……グロージャンの事故現場に駆け付けた医療チームが当時の状況を語る

次の記事

ハース、2021年のレギュラードライバーとしてニキータ・マゼピンの起用を発表

ハース、2021年のレギュラードライバーとしてニキータ・マゼピンの起用を発表
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント サクヒールGP
ドライバー ルイス ハミルトン
チーム メルセデス
執筆者 Adam Cooper