F1
11 10月
イベントは終了しました
25 10月
イベントは終了しました
01 11月
イベントは終了しました
15 11月
イベントは終了しました
R
サクヒールGP
06 12月
フリー走行1回目 まで
8 days

ハミルトン安堵。”出場停止王手”となるペナルティポイントの加点を逃れる

シェア
コメント
ハミルトン安堵。”出場停止王手”となるペナルティポイントの加点を逃れる
執筆:
, Grand prix editor

メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1ロシアGPの決勝スタート前に許されていない場所でスタート練習を行なったため、合計10秒のタイム加算ペナルティを受けた。これで一時ペナルティポイントも加えられると発表されたが、後に撤回された。

 F1ロシアGPの決勝レースが行なわれ、バルテリ・ボッタス(メルセデス)が開幕戦以来となる今季2勝目を挙げた。

Read Also:

 しかしポールポジションからスタートし、レース序盤をリードしたのは、ボッタスのチームメイトであるルイス・ハミルトンだった。しかしハミルトンは、スターティンググリッドに向かうレコノサンスラップで、”レース・ディレクターズ・ノート”で許可されていない場所でスタート練習を行なってしまった。これにより5秒のタイム加算ペナルティを2回、つまり合計10秒のタイム加算ペナルティを科されてしまうこととなった。

 2回の”違法な”スタート練習の1回目は、ピットレーン出口を超えたところでの実施だった。またその後には、ピットロードの一番端でもスタート練習を行なった。これも違反と判断された。

 このペナルティをレース中に知らされたハミルトンは、その判定について「馬鹿げている」と発言。チームを非難するようにも聞こえる発言を繰り返した。

 そしてこのペナルティは当初、タイム加算ペナルティだけでなく、ペナルティポイントも1点×2回が加算された。今回のレースで2点が加算されたことで、直近12ヵ月でのペナルティポイントの合計は10。1戦出場停止の処分が下る12点まで、あと2点と迫ってしまう……そんな危機に陥った。しかし後にレーススチュワードは、この判定を撤回。ペナルティポイントの加点を止め、チームに25000ユーロ(約300万円)の罰金を言い渡した。

「スチュワードは、44号車のドライバーが、チームの指示を受け、間違った場所でスタート練習を行なったという情報をチームから受け取った」

 そう声明が発表されている。

「このことは、スチュワードがチームとドライバー間の音声を聞き、確認することができた」

「この情報に基づき、スチュワードはこの(ペナルティポイント)決定を削除し、コンペティター(メルセデスAMG・ペトロナスF1チーム)に25000ユーロの罰金を科す」

 この結果、ハミルトンの累計ペナルティポイントは8のままとなり、1戦出場停止の危機から、とりあえず一旦離れることができた。ただ今年のトルコGPまであと4点のペナルティポイントを獲得してしまうと、出場停止の対象になる。

 FIAはこのペナルティポイントシステムを2014年に導入したが、出場停止処分を受けたドライバーはこれまでひとりもいない。

 F1における最後の出場停止処分は、2012年のイタリアGPへの出場が停止されたロマン・グロージャンである。グロージャンはその前のレースであるベルギーGPにおいて、スタート直後の1コーナーで多重クラッシュを引き起こした。この責任を問われる結果となったのだ。

Read Also:

ホンダPU搭載車、19年モナコ以来の全車入賞。田辺TD「ひとつ目標を達成できた」

前の記事

ホンダPU搭載車、19年モナコ以来の全車入賞。田辺TD「ひとつ目標を達成できた」

次の記事

”苦手なはず”のロシアで2位表彰台。フェルスタッペン「満足できる結果だ」

”苦手なはず”のロシアで2位表彰台。フェルスタッペン「満足できる結果だ」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント ロシアGP
ドライバー ルイス ハミルトン
執筆者 Luke Smith