F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
18 days
23 10月
次のセッションまで……
32 days
31 10月
次のセッションまで……
40 days

ハミルトン、タイヤマネジメント重視のレースにうんざり「もっと良いタイヤが欲しい」

シェア
コメント
ハミルトン、タイヤマネジメント重視のレースにうんざり「もっと良いタイヤが欲しい」
執筆:
協力: Alex Kalinauckas

メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1ファンはタイヤマネジメントに終始するレースを見たがっているわけではないとして、より激しいレースができるタイヤを用意するよう、ピレリに求めている。

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、先日カタルニア・サーキットで行なわれたF1スペインGPに勝利。これはハミルトンにとって今季4勝目。ランキング首位の座を確固たるものとした。

 そのハミルトンは、タイヤマネジメントに長けたドライバーのひとりとして知られているが、その状況については満足していないことを認めた。

Read Also:

 ハミルトンは昨年、ドライバーを代表して、F1の将来について話し合う会議に参加してきた。その中でタイヤについての希望も訴えてきた。ピレリは、今年のマシンに合うように新たなタイヤを開発。しかしこのタイヤの使用は、チームによって拒否されることになった。

 その結果今季は、2019年仕様のタイヤを継続して使用。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、来季から導入が予定されていた18インチホイール用タイヤの導入は1年延期されたため、現行のタイヤは来季も引き続き使われることになっている。

 ハミルトンは、新たに導入される18インチタイヤにより、より激しいレースができるようになることを期待している。

「僕らは将来のために、ピレリにプレッシャーをかける必要があると思う」

 そうハミルトンは語った。

「残念ながら彼らは、2020年用のタイヤを開発するために、昨年素晴らしい仕事をすることができなかった。そして、同じタイヤを2019年から今シーズンに持ち越さなければいけなかった」

「彼らが”ターゲット・レター”をまとめた時、ドライバーはその議論に加わっていなかった。だから僕は昨年、ドライバーの代表として、パリで開かれた会議に出席した。僕らは、ピレリがターゲットレターを正しく設定することを手助けしたいと考えている。長いこと、それは正しく行なわれていなかったんだ」

「おそらく来年に向けては、それを行なうことはできないだろう。しかし2022年には、もっと良いタイヤが必要だ。もっと多くのグリップがあり、もっと安全なタイヤが必要なんだ。そうすればマシン同士が接近戦を繰り広げることができ、ファンのみなさんにレースをもっと楽しんでもらうことができるはずだ」

「現状では、僕らはタイヤマネジメントにものすごく注力しなきゃいけない。それがファンの望んでいることだとは思わない。それはレーシングドライバーが望んでいることじゃない。数秒遅く走って、マネジメントしなきゃいけない……タイヤが十分には良くないからね」

「もしできるなら、ピレリがもっと良いタイヤを作るのを手助けしたいと思う。それは明らかに問題なんだ」

Read Also:

フェラーリ、マクラーレン、ウイリアムズが新コンコルド協定に合意

前の記事

フェラーリ、マクラーレン、ウイリアムズが新コンコルド協定に合意

次の記事

ルノー、いいとこ無しで今季初の無得点「これが今回限りだといいけど……」とリカルド

ルノー、いいとこ無しで今季初の無得点「これが今回限りだといいけど……」とリカルド
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント スペインGP
ドライバー ルイス ハミルトン
チーム メルセデス
執筆者 Adam Cooper