F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
53 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
60 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
74 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
88 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
102 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
109 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
123 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
137 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
144 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
158 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
165 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
179 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
193 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
221 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
228 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
242 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
249 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
263 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
277 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
284 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
298 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
312 days

ハミルトン、VSCのタイムロスはもう勘弁! ステアリングの表示を変更へ

シェア
コメント
ハミルトン、VSCのタイムロスはもう勘弁! ステアリングの表示を変更へ
執筆:
協力: Adam Cooper
2019/04/29 10:13

ルイス・ハミルトンは、バーチャルセーフティカーでタイムロスをしないよう、ステアリングホイール表示の変更を求めている。

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1アゼルバイジャンGP決勝でバーチャルセーフティカー(VSC)が出た際、タイムをロスし、チームメイトのバルテリ・ボッタスとの差が広がってしまった。ハミルトンは、このような事態が2度と起こらないようにしたいようだ。

 レース39周目、レッドブルのピエール・ガスリーがドライブシャフトのトラブルによりエスケープゾーンでマシンを止めたため、VSCが出された。

 この時点で、ハミルトンはボッタスの1.6秒差まで迫っていた。VSCは各車が指定されたタイムに従って減速する。理論上は各車のギャップは大きく変わらないはずだが、41周目途中でVSCが解除された際、ハミルトンとボッタスのギャップは3.5秒ほどまで広がっていた。

 ハミルトンはそのギャップを埋めるのに時間がかかり、最終的にボッタスにオーバーテイクを仕掛けることができないまま、2位でレースを終えた。

「最終的には、バルテリの方が予選最後のラップでより良い仕事をした。そしてそのおかげで、彼は戦うことができるポジションに立つことができた」と、ハミルトンは話した。

「それがスタートの時に、わずかなマージンを生んだ。それは、僕がこれから取り組まなければいけないものだ」

「それからVSC中に、どうしてだか2.5秒くらい失ってしまったから、それを取り戻さなくてはいけなかった。残りは9周しかなかったから、簡単ではなかった。それは僕のミスだったし、これから取り組まなくちゃいけない」

「2度と起こらないようにするため、いくつかダッシュ(ディスプレイ)に関して修正できることがある」

 どんな変更を施すのか、motorsport.comがハミルトンにさらに話を訊いたものの”技術的な問題だから”と、ステアリングホイールのディスプレイ変更について話すことはできないと語った。

「単なる手続きの問題だ。大したことじゃない」

 ボッタスは、リスタートでハミルトンの他、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)やマックス・フェルスタッペン(レッドブル)といったライバルとの差を広げることができた。

 motorsport.comが、ボッタスにハミルトンと同じディスプレイ設定を使っているかどうか、情報が不足していると感じたかどうか訊くと、彼は次のように答えた。

「僕たちはかなり似たものを使っていると思う。でもいくつか違いがある。僕たちには、一種のパーソナル電子エンジニアがついているようなものだ。そのプログラムはスタートの時やダッシュの中で働いているんだ」

「得られる情報には満足している。VSCのデルタタイムは十分に知ることができていたし、リスタートの準備はできていた。全く問題はなかった」

次の記事
フィーリングは良かったのに……ハース、タイヤ加熱に苦戦しまたも入賞逃す

前の記事

フィーリングは良かったのに……ハース、タイヤ加熱に苦戦しまたも入賞逃す

次の記事

F1初タイトル獲得から10年……バトン 、懐かしのヘルメットカラーを復活

F1初タイトル獲得から10年……バトン 、懐かしのヘルメットカラーを復活
コメントを読み込む