ハミルトン、メルセデス契約延長は「クリスマス前までに」今季は圧勝で7度目タイトル

ルイス・ハミルトンは2021年以降のメルセデスとの契約について、クリスマスより前には合意したいと考えていると語った。

ハミルトン、メルセデス契約延長は「クリスマス前までに」今季は圧勝で7度目タイトル

 2020年のF1は先週末行なわれたアブダビGPで閉幕。チャンピオンは圧倒的な強さを示したルイス・ハミルトン(メルセデス)となった。

Read Also:

 ハミルトンは今季のタイトル獲得で、ミハエル・シューマッハーの持つタイトル獲得の史上最多記録である7回に並んでいる。

 ただ、彼はまだ2021年以降の契約をメルセデスと締結していない状態にある。

 両者とも関係を継続させることを望んでおり交渉が進められてきたが、ハミルトンが新型コロナウイルスに感染して交渉が棚上げ状態となったことも影響してしまった。

 そして2020年シーズン最終戦が終了した後、ハミルトンはいつ頃契約交渉がまとまりそうかと尋ねられると、クリスマス前には合意したいと語った。

「上手くいけば、今後数週間だ」と、ハミルトン。

「クリスマス前にはそれを終わらせたいと思っている。僕は来年もここにいるつもりだ。僕らはチームとして、このスポーツ内外でもっと多くのことを達成するために、共に取り組んでいくことがあると思う」

「今週から話し合いを始めて、クリスマス前には終わらせられればいいね」

 2021年のドライバーラインナップにおいて、未定のシートはレッドブルとアルファタウリ、そしてメルセデスがそれぞれ1席ずつという状態だが、メルセデスに関してはサプライズはなさそうだ。彼らは既に先週、来季のFIAエントリーリストにハミルトンを載せているのだ。

 メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、ハミルトンと「契約延長をしない理由はない」と語り、遅れは単純に新型コロナ感染によるものだと述べた。

「我々はこの件の対話をしていくつもりだ」と、ウルフ代表は言う。

「遅れはあった。常に話していたことだが、我々はタイトルを獲得した後にそれを行なうだろうと言ってきた。それから、新型コロナによって我々は10日か2週間ほどは遅れることになった」

「今我々は交渉の席につくことが必要なだけであり、おそらくそれはバーチャルかつライブで行なわれることになるだろう」

 

Read Also:

シェア
コメント
F1公式ゲーム手がけるコードマスターズはEA社が買収。テイクツー社と合意間近から一転

前の記事

F1公式ゲーム手がけるコードマスターズはEA社が買収。テイクツー社と合意間近から一転

次の記事

フェラーリCEOの電撃辞任、F1チームに影響はない? 会長の兼務で一安心か

フェラーリCEOの電撃辞任、F1チームに影響はない? 会長の兼務で一安心か
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント アブダビGP
ドライバー ルイス ハミルトン
チーム メルセデス
執筆者 Luke Smith