ルイス・ハミルトンの”追加希望”グランプリは、約30年途絶えている南アフリカGP

メルセデスのルイス・ハミルトンは、現在は開催されていないF1南アフリカGPが復活することを望んでいる。

ルイス・ハミルトンの”追加希望”グランプリは、約30年途絶えている南アフリカGP

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、1993年を最後に開催が途絶えている、南アフリカGPの復活を望んでいる。

 南アフリカGPは1962年から1993年にかけて、全部で23回開催された。しかし1993年にキャラミ・サーキットでの開催を最後にカレンダーから外れることになった。

 この間、南アフリカGPはカレンダーへの復帰の可能性も示唆されるなどはあったが、結局実現していない。

 2020年にはF1が首都のヨハネスブルグでファンフェスティバルを開催する予定だった。しかしこれは新型コロナウイルスの影響でキャンセルとなってしまった。

 2022年シーズンも、南アフリカGPの復活は実現していない。F1は史上最長となる全23戦のスケジュールが予定されているが、南アフリカGPがそこに割って入ることは無かった。

Starting grid

Starting grid

Photo by: SRO

 既に最後にアフリカ大陸でF1が開催されてから、30年近くが経とうとしている中、ハミルトンは南アフリカGPの復活を望んでいると思いを語った。

「開催地についてだけど、僕が心から望んでいるのは、南アフリカへF1が戻ることだ。僕としてはそれが非常に重要なものだと考えている」

 F1カレンダーに追加してほしい国について尋ねられたハミルトンは、そう答えた。

「南アフリカには素晴らしいファンが居ると思う。それにその人達の母国がどれほど美しいのかを示すことができるのは、素晴らしいだろう」

 2022年には、アメリカではマイアミGPが新規開催予定で、同国では2レースが開催されることになる。ハミルトンはアメリカでは1戦のみでは十分ではなかったと考えているため、マイアミGPの新規開催も歓迎しているようだ。

「アメリカGPは素晴らしい。アメリカは巨大な国で、一つだけのレースでは、このスポーツの文化をファンや国に根付かせ、僕たちと一緒に”旅”をしてもらうには十分じゃない」

「僕としては、確かに少なくとも2レースが必要だと思う。ただアメリカには大きな都市がたくさんあるから、もしマイアミ、そしてオースティン以外にもうひとつとなったら、どの場所が良いのかは分からない。でも僕は反対しないよ」

「まるでミニ・チャンピオンシップのように、大陸内で(複数)開催するのはかなり良いと思う。F1にとっても悪いことじゃない」

 またフェラーリのカルロス・サインツJr.もアフリカでのレース、そしてアメリカでの3レース目の開催は歓迎できると語った。

「F1はここ数年、Netflixの貢献もあってより大きくなってきている。アメリカでは間違いなくそれを感じられたし、この国は大好きだよ。ここに居られるのは素晴らしいし、3レース目があっても凄く嬉しいよ」

「そしてアフリカでF1というルイスには同意だ。アフリカ大陸でレースをするのは素晴らしいことだろうからね」

 
 

Read Also:

シェア
コメント
ハミルトン、弱冠24歳でフェラーリのチームリーダーとなったルクレールを賞賛「もっと近くで戦うのが楽しみ」
前の記事

ハミルトン、弱冠24歳でフェラーリのチームリーダーとなったルクレールを賞賛「もっと近くで戦うのが楽しみ」

次の記事

【独占インタビュー】サインツJr.、“フェラーリ・ライフ”を語る。パジャマ姿でドライバー契約、情熱的なファン、そして彼が掴んだ速さ

【独占インタビュー】サインツJr.、“フェラーリ・ライフ”を語る。パジャマ姿でドライバー契約、情熱的なファン、そして彼が掴んだ速さ
コメントを読み込む