予選Q1で失意のトラブル。ハミルトン「コースオフ前に油圧が壊れた」

シェア
コメント
予選Q1で失意のトラブル。ハミルトン「コースオフ前に油圧が壊れた」
執筆:
翻訳:: 田中健一
2018/07/21 16:30

メルセデスのルイス・ハミルトンは、ドイツGPの予選Q1でターン1をコースオフする前に、油圧システムが故障したと考えている。

Lewis Hamilton, Mercedes-AMG F1 walks in after stopping on track
Lewis Hamilton, Mercedes-AMG F1 walks in after stopping on track
Lewis Hamilton, Mercedes-AMG F1 W09
Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W09
The car of Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W09, in the garage

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、予選Q1でトラブルに見舞われ、マシンをコース上に止めることになった。ハミルトンは自らマシンを押し、ピットに帰還することを目指したが、それは叶わず……Q2に出走することができず、予選14位に終わった。

 ハミルトンはコースサイドに排除されたマシンの傍にしゃがみ込み、しばらく動けなかった。その落胆ぶりは、なかなか見ることができないものだった。

 ハミルトンのマシンにトラブルが発生する直前、彼はターン1で豪快にコースオフ、マシンの底を激しく打ち付けながらコースに戻った。この一部始終が国際映像に捉えられており、このアクシデントがトラブルの引き金になったのではないかと疑われた。しかしハミルトンは、コースオフする以前にステアリングがパワーを失っていたと訴えている。

 車体の底を打ち付けたことが、トラブルの原因になったのかと尋ねられたハミルトンは、Skyに次のように語った。

「いや、違う。僕らは毎周同じように、その縁石を使っていた。その周でも僕は縁石に乗った。でも縁石に乗る直前に、ステアリングが壊れた。だから問題だったんだ」

 前戦イギリスGPでは、スタート直後のアクシデントにより最後尾に下がることとなってしまったハミルトンだが、レース中に追い上げを見せ、結局2位でフィニッシュすることなった。しかし今回も同じようなレースができるとは、ハミルトンは考えていない。

「ここのようなコースでは、難しいだろう」

 そうハミルトンは語った。

「ここは、オーバーテイクが最も難しいサーキットのひとつだ。僕は、そこ(14番グリッド)からできる限りのことをするよ」

 メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、ハミルトンの油圧トラブルは、マシンが縁石で底を打ったことで起きたと疑っていた。しかしながら結論を出すには、回収されたマシンの調査を待ちたいと語る。

「その問題は、縁石を飛び越えた際にマシンを少し壊したことで、それが油圧の漏れを引き起こしたように見える。しかし、マシンは戻ってきたので、本当にそれが原因だったのかを、確認する必要がある」

次の記事
【動画】F1第11戦ドイツGP ベッテルPPラップオンボード

前の記事

【動画】F1第11戦ドイツGP ベッテルPPラップオンボード

次の記事

フェラーリ会長、術後の合併症により体調悪化。後任はすでに内定か

フェラーリ会長、術後の合併症により体調悪化。後任はすでに内定か
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント ドイツGP
ロケーション ホッケンハイム
ドライバー ルイス ハミルトン 発売中
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Jonathan Noble
Be first to get
breaking news