ハミルトンの超絶パフォーマンス、その鍵は”人生への満足感”

シェア
コメント
ハミルトンの超絶パフォーマンス、その鍵は”人生への満足感”
執筆:
2019/01/05 0:49

昨今の圧倒的なまでのルイス・ハミルトンのパフォーマンスは、彼がコース外の人生で”幸せ”を見出しているからこそ発揮されていると、メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは考えている。

 2018年、シーズン序盤はフェラーリのセバスチャン・ベッテルの前に劣勢に立たされかけていたルイス・ハミルトン(メルセデス)。しかしシーズン中盤以降はその勢いを取り戻し、最終的には完勝で自身5度目のF1ワールドチャンピオンを獲得した。

 ハミルトンはF1に集中するのもさることながら、コース以外でも様々な活動を行っている。例えばファッションブランドのトミー・ヒルフィガーとコラボレーションを行い、昨年は自身のコレクションラインを立ち上げ、さらに度々ファッションショーにも顔を出した。

 メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、ハミルトンをドライバーとして成長させるためには、彼が人生においてどんなことを必要としているのか、それを理解することにかかっていると考えているという。

「彼は絶えず成長し続けていると思う。立ち止まることはない」

 今年のハミルトンの成長について尋ねられたウルフ代表は、そうmotorsport.comに対して語った。

「彼はあらゆる分野で進化している。コース上でも、サーキットの外でも、彼は成長しているんだ。そして彼のトミー・ヒルフィガーとのコラボレーションもとても成功している」

「それは彼にとっては、すでに趣味の部類を超えていて、彼の人生の第2の柱ともなっている。そして彼を完璧なスポーツマンにするための、新たな構成要素が付け加えられたんだ」

「そのことは彼を満足させる。それはキミ(ライコネン)も同じよう感じだ。そしてもし満足することができれば、良いパフォーマンスを発揮することになる」

 ハミルトンとウルフ代表の関係は、常に良かったわけではない。特にニコ・ロズベルグが在籍し、チームメイト同士の激しいタイトル争いが繰り広げられていた時代には、ふたりの緊張感も高まった。

 しかしロズベルグが2016年にチャンピオンに輝いた直後に引退を発表した後、ウルフの自宅をハミルトンが訪れ、そして話をしたことで、両者の絆が深まることになったという。

「ルイスと我々には、2016年シーズンがどう終わったかを振り返る時間が必要だった。それは、我々の関係をより強化してくれることになった」

 そうウルフ代表は説明する。

「それ以来、我々はずっと良い時を過ごし、そして信頼が築き上げられた。レーシングドライバーにとっても、自分自身にとっても、そしてチームにとっても、とても重要なことだった。それによって我々は、お互いを信頼していると言うことができる。それは簡単に言えることじゃない」

次の記事
ガスリー、中団グループを戦い抜くため、トロロッソには「一貫性」が必要と主張

前の記事

ガスリー、中団グループを戦い抜くため、トロロッソには「一貫性」が必要と主張

次の記事

データ不足が面白いレース生む? F1、金曜日にタイヤの使用制限を検討

データ不足が面白いレース生む? F1、金曜日にタイヤの使用制限を検討
Load comments

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ルイス ハミルトン 発売中
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Jonathan Noble
Be first to get
breaking news