ハートレー、メキシコGPで新フロントウイング&フロア使用

シェア
コメント
ハートレー、メキシコGPで新フロントウイング&フロア使用
執筆: Scott Mitchell
2018/10/26 1:16

トロロッソはアメリカGPで導入した新しい空力パッケージを評価し続けており、メキシコGPではハートレーが新しいフロントウイングとフロアを使用する。

 先週末のアメリカGPに空力アップグレードを導入したトロロッソ。今週末のメキシコGPではブレンドン・ハートレーがアップグレードされたフロントウイングとフロアを使用し、その効果の評価を進めるようだ。

 アメリカGPではピエール・ガスリーがこのパッケージを使用したものの、金曜日のセッションはウエットコンディションだったこともありその効果を満足に試すことができなかった。そのため、ガスリーは予選から従来仕様のフロントウイングを使用していた。

 さらなるデータを収集するため、メキシコGPではハートレーが新しい空力パッケージを使用し、走行を行うようだ。

「ピエールがそのエアロで(アメリカGPの)FP3を走った時に、バランスに満足できていなかった」とハートレーは語った。

「パフォーマンスがどうなるか、その効果をさらに引き出すことができるかを試して見るのは面白いだろう」

「週末の予定という点では、明確なプランはまだないと思う。金曜日の走行がどうなるか次第だ」

 フリー走行の結果、チームは予選やレースで新しいウイングやフロアを使用するかを決めることになるが、今回新しいパッケージを使用するのはハートレーのみになると思われる。

 このアップグレードは、シーズン終盤にトロロッソがトップ10圏内に立ち位置を確保するために重要なものになると考えられている。

 ガスリーは次のように述べた。

「オースティンの気象条件が理想的ではなかったので、FP3まで新しいパッケージを十分に走らせることができなかった」

「基本的には、そのパッケージを理解しポテンシャルを引き出すために、もっと走行を重ねたかった。だから予選前にマシンを戻したんだ」

「今週末、僕たちはもう一度それを使って走るつもりだ。今度はブレンドンがマシンにそれを搭載する。その使い方を、もう少し学ぶことができることを願っている」

次の記事
ハース、タイトルスポンサー獲得。リッチ・エナジーと2019年から契約

前の記事

ハース、タイトルスポンサー獲得。リッチ・エナジーと2019年から契約

次の記事

ベッテルの相次ぐクラッシュ。接近戦でダウンフォース喪失?

ベッテルの相次ぐクラッシュ。接近戦でダウンフォース喪失?
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント メキシコGP
ドライバー ブレンドン ハートレー
チーム トロロッソ 発売中
執筆者 Scott Mitchell
記事タイプ 速報ニュース