ハートレー、フェラーリのシミュレータードライバーに就任

シェア
コメント
ハートレー、フェラーリのシミュレータードライバーに就任
執筆:
2019/02/05 0:01

元トロロッソのF1ドライバーであるブレンドン・ハートレーは、フェラーリでシミュレータードライバーの役割を果たすようだ。

 元トロロッソのF1ドライバー、ブレンドン・ハートレーはシミュレータードライバーの一員として、フェラーリの開発を担うようだ。

 2017シーズン途中からF1デビューし、2018年にフル参戦を果たしたハートレー。しかしレッドブルは、彼にフル参戦2年目のチャンスを与えることはなかった。最近では、5月のモナコGPの時点から自分をやめさせようとしている動きがあったと、ハートレーは主張している。

 ハートレーはこれまで2019年の活動計画を明かしていなかったが、現在はフェラーリ開発チームの一員となっていることが確認された。

 フェラーリは昨年、アントニオ・ジョビナッツィとダニール・クビアトをそれぞれシミュレータードライバーに起用していた。しかしふたりはそれぞれアルファロメオ、トロロッソからF1にフル参戦するため、フェラーリはその後任を探す必要があったのだ。

 ハートレーは、フェラーリのシミュレータードライバー4人のうちのひとりとして活動する。

 他には、マヒンドラからフォーミュラEに参戦しているパスカル・ウェーレインやF2優勝経験のあるアントニオ・フオッコがメンバーとなっている。

 フェラーリからWECなどに参戦、経験豊富な開発ドライバーのダビデ・リゴンが最後のひとりだ。

 フェラーリの新チーム代表のマッティア・ビノットは、次のように語った。

「我々のチームは、レーシングカーとトラックをよく理解していて先天的に鋭い感覚を持つ、疑いなく才能のあるドライバー4人を起用した」

「それらは、シミュレーターでドライブするという役割に必要な資質だ。彼らはまさに、現代のF1において重要なピースなのだ」

次の記事
レッドブル、ホンダと組む第1号機『RB15』を2月13日に発表

前の記事

レッドブル、ホンダと組む第1号機『RB15』を2月13日に発表

次の記事

”ルノーカラー”のリカルド初公開。新しいレーシングスーツに笑顔

”ルノーカラー”のリカルド初公開。新しいレーシングスーツに笑顔
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ブレンドン ハートレー
チーム フェラーリ 発売中
執筆者 Scott Mitchell
まずは最新ニュースを読む