ハートレー、チームに反旗?「アメリカGPで、ガスリー車に損傷はなかった」

シェア
コメント
ハートレー、チームに反旗?「アメリカGPで、ガスリー車に損傷はなかった」
Scott Mitchell
執筆: Scott Mitchell
2018/10/28 10:45

ハートレーは、アメリカGPでガスリー車がダメージを抱えていたというチームの主張に異議を唱えたが、今はコメントが許可されていないと明かした。

 トロロッソのブレンドン・ハートレーは、アメリカGPでペースが奮わなかったチームメイト、ピエール・ガスリーのマシンにはダメージがあったというチームのプレスリリースに異議を唱えた。しかし今の彼は、この件についてコメントすることが許されていないという。

 未だチームと契約を更新しておらず、来季の去就が未定となっているハートレー。彼がF1に残るためには、もっと良い結果を出す必要があると、チーム代表のフランツ・トストは金曜日にコメントしていた。

 ハートレーは今週末のメキシコGPで新しい空力パッケージを使用しているが、これによりチームの要求に応えやすくなるかと問われると、彼は自分が今も十分なパフォーマンスを見せているという主張を繰り返した。

 彼はその上で、ガスリーは先週末のアメリカGPでマシンにダメージを負っていたため、パフォーマンスに妥協を強いられていたという、チームの発表は事実と異なっていると語った。

「僕はシーズンを通して改善しているし、レースでいつもチャンスが与えられているわけじゃない。他のマシンを助けるような戦略を採っていたりする。予選では非常に近いけれどチャンスがないこともあって、それがポイントの違いに現れている」

「僕がシーズン中に強くなっていることは、オースティンで証明できた。もう片方のマシンにプレスリリースで書かれていたような、おかしなところは何もなかったにも関わらずだ」

「非常に良いパフォーマンスが出せた。ポイントが獲得できてすごく満足だ」

「僕が良い仕事をしているということは自分がよく分かっているし、ホンダとの開発作業の面でもかなり貢献している。シーズンを通して、僕はチームプレイヤーなんだ」

「来季もそこにいられることを願っている」

 アメリカGPのレース後、ガスリーとトストの両方が、ガスリー車のフロアにダメージがあったとプレスリリースでコメントしていた。

 メキシコGPの予選後、この件についてチームからさらなるサポートが必要かと訊かれたハートレーは”ノーコメント”。自分のコメントを撤回しないのか、状況について新たな情報などはないのかと聞いても「それについてコメントすることは許されていない」と返すに留まった。

 一方でガスリーに、この件について説明するよう求めると、アメリカGPでマシンにダメージがあったとの主張を繰り返した。

 彼はアメリカGPのオープニングラップでランス・ストロール(ウイリアムズ)とフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)のクラッシュを避ける際、コース外に出た時に大ジャンプし衝撃を感じたという。

 その後も周回を重ねていったが、他のドライバーが避けていた大きなカーボンパーツがフロアの下に吸い込まれたことでマシンのバランスが狂い、パフォーマンスに影響が出たと振り返った。

 ハートレーとの関係について、ガスリーは「彼はかなりのプレッシャーを受けている。現時点では、シーズン当初と違ったものの見方をしているようだ」と答えた。

 プレスリリースに対して、ハートレーが出したコメントについては 「今、彼は多くのことを喋れる。だけど僕はこれ以上コメントする必要はない」と述べた。

次の記事
ハミルトン、レッドブルの速さに白旗「彼らは別の次元にいる」

前の記事

ハミルトン、レッドブルの速さに白旗「彼らは別の次元にいる」

次の記事

アロンソ、予選12位も感触に不満「ほろ苦い気分だった」

アロンソ、予選12位も感触に不満「ほろ苦い気分だった」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント メキシコGP
ドライバー ブレンドン ハートレー , ピエール ガスリー
チーム トロロッソ 発売中
執筆者 Scott Mitchell
記事タイプ 速報ニュース