ハートレー、ポール・リカールを語る「路面と風が、レースの鍵」

シェア
コメント
ハートレー、ポール・リカールを語る「路面と風が、レースの鍵」
2018/06/20 3:32

トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーが、”好きだ”と語るポール・リカール。厳しい路面と強い風が鍵だという。

 トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーが、今週末に開催されるフランスGPに向けての意気込みを、チームのプレスリリースで語った。

 ハートレーは前戦カナダGPで、まずまずのグリッドポジションからスタートしたものの、1周目にウイリアムズのランス・ストロールと接触したことによりリタイア。好機を結果に活かせなかった。

「ポール・リカールは、僕がよく知っているサーキットだ。F1での経験はないけどね」

 ハートレーはそうコメントを寄せた。彼は、F1デビュー前にポルシェ・チームからWEC(世界耐久選手権)に参戦しており、その際このポール・リカールで、幾多のテストを重ねた。

「僕はWECの時、LMP1マシンで数多くのテストをここで行った。それから、2013年にはLMP2で優勝している。ここは、耐久レースのテストをするのに、人気のサーキットだからね。また、夜走るのにはとても便利なサーキットなんだ。F1マシンには関係ないけどね」

 ポール・リカールは、非常にタイヤに厳しいサーキットだったと、ハートレーは語る。

「コースは完全に再舗装されたことを理解している。それを見るのは、とても興味深い。何故ならここは、タイヤの寿命の面で、非常に特殊なコースだからだ。以前はタイヤの磨耗が本当に極端だった。舗装が変わったことで、その要素が少し変わる可能性がある」

 ポール・リカールは好きなサーキットだと、ハートレーは言う。

「ここは僕はドライブを楽しむことができるサーキットだ。僕がテストした時ほどではないと思うけど、かなり速いコースだと思う。当時はバックストレートに、シケインがなかったんだ」

「とても素敵なコースだと思う。ここには、F1とスポーツカーの長い歴史がある。だからとても楽しみにしているんだ」

「僕が住んでいるモナコからそれほど遠くないし、世界の中でも美しい場所にある。その上素晴らしいサーキットだと思うし、良いレースが生み出されると思う」

「ポール・リカールは、とても風が強い。フランスで吹く”強い風(=ミストラル)”という名前が、長いストレートに付けられているんだ」

「この風は、F1マシンに大きな影響を及ぼす可能性がある。これは、コクピットで対処しなければならない、もうひとつの課題となるかもしれない」

次の F1 ニュース
ホンダとの契約を決断したレッドブル「理由は技術的な側面」と断言

前の記事

ホンダとの契約を決断したレッドブル「理由は技術的な側面」と断言

次の記事

ルノー「ホンダとの契約を選んだレッドブルを”後悔”させたい」

ルノー「ホンダとの契約を選んだレッドブルを”後悔”させたい」

この記事について

シリーズ F1
イベント フランスGP
ロケーション サーキット・ポール・リカール
ドライバー ブレンドン ハートレー
チーム トロロッソ
記事タイプ 速報ニュース