F1 イギリスGP

レッドブル、F1イギリスGP初日は低速コーナーに苦しむ「ロングランも含めて、ノリスと同じレベルにない」

レッドブルのモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは、F1イギリスGP初日を終えて低速コーナーで苦しんでいると語った。

Max Verstappen, Red Bull Racing RB20

Max Verstappen, Red Bull Racing RB20

写真:: Andy Hone / Motorsport Images

 F1イギリスGP初日はマクラーレンのランド・ノリスが2度のフリー走行でいずれもトップタイムをマーク。一方でレッドブルは、FP2でセルジオ・ペレスが3番手、マックス・フェルスタッペンは0.684秒離され7番手となった。

 レッドブルは高速コーナーを得意としているため、イギリスGPの舞台であるシルバーストンはレッドブルにとって有利なコースなのではないかと見られていた。しかし実際にはマクラーレンに先行を許してしまう形となった。

 レッドブルのモータースポーツ・アドバイザーであるヘルムート・マルコは、低速コーナーでかなり苦しんでいると明かした。

「低速コーナーであまりにも多くのタイムロスをしているということだ。特にセクター1では約0.3秒失っている」

「修正したが、FP1より悪くなっているし、ロングランもあまり良くない。そこそこではあるが、ノリスと同じレベルにはないんだ」

 イギリスGPは土曜日午前、そして日曜日を通して降雨の可能性が高い予報となっている。それだけに、チームにとってはどんな修正を施すべきか、悩ましいところだろう。

「日曜日と土曜日の天気予報はあまりよくない。つまり、どのような妥協をするかということだ。雨が降ることを期待してもっとウイングを増やすか? 興味深い展開ではあるが、我々がとったステップは正しいものではなかった。第3セクターの低速コーナーでかなり失ってしまったからだ」

「(問題の原因には)いくつかの要素が混ざっていると思うが、クルマがスライドしすぎているし、よりメカニカルな問題だと思う」

 マクラーレンとの位置関係について聞かれ、マルコはギャップ自体はもっと小さいものの、マクラーレンが一歩先に行っていると語った。

「本来のギャップはコンマ6秒もないが、それでもノリスの後ろだ。我々が正しいバランスを見つけられるか、低速コーナーで大きくロスすることなく高速コーナーでのパフォーマンスを維持できるかどうか見てみよう」

「タイヤの摩耗に関してはタイヤの摩耗に関しては悪くなかったが、安心してレースに臨めるほどではなかった」

「正しい妥協点を見つけなければならない。天候の影響もあって、それは簡単なことじゃない」

 

前の記事 サインツJr.、メルセデスのドライバー候補に再浮上? 期待の若手アントネッリがF2苦戦でプラン変更の可能性
次の記事 ハースF1小松礼雄代表、新人ベアマンのチームメイトは“経験豊富な”ドライバーとヒント「ルーキーふたりは抱えられない」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本