リカルド、負の連鎖に諦め「”呪われたマシン”はガスリーに引き継ぐ」

シェア
コメント
リカルド、負の連鎖に諦め「”呪われたマシン”はガスリーに引き継ぐ」
Valentin Khorounzhiy
執筆: Valentin Khorounzhiy
2018/10/29 7:42

メカニカルトラブルでメキシコGPの表彰台を失うことになったダニエル・リカルドは、深い絶望感に苛まれているようだ。

 メキシコGP終盤メカニカルトラブルによりレースをリタイアしたダニエル・リカルド(レッドブル)は諦めのような感情を抱いており、”呪われた”マシンは彼のシートを引き継ぐピエール・ガスリー(トロロッソ)に譲ると話した。

 1ストップ作戦を採ったリカルドは、レース終盤に2ストップ作戦で新しいタイヤを装着していたセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)から迫られたものの、なんとかベッテルを抑えていた。

 しかし残り10周となったタイミングで、リカルドのマシン後部から白煙が上がり無念のマシンストップ。リカルドにとっては過去11戦で6度目、シーズンを通じて8度目のリタイアとなった。

 レース後、リカルドは「”フラストレーション”という以上の言葉はない」と語った。

「すべてが絶望的だと感じている」

「正直に言って、今僕たちのいる場所を考えると日曜日に来る意味がないし、次の2レースをやる意味も見出せない」

「あまりにも長い間、クリーンなレースや週末を過ごせていない。僕は迷信深くはないし、でたらめを言ったりする方ではないけど……このマシンは呪われている。それ以外の言葉はない」

 今回、リカルドはポールポジションを獲得したが、蹴り出しが悪くチームメイトのマックス・フェルスタッペンやメルセデスのルイス・ハミルトンに先行を許してしまった。

「絶望という言葉がベストだと思う。週末を通してスタートは良かったんだ。プラクティスでも大丈夫だったし、決勝の前までは問題なかった」

「日曜日に起こったことは説明ができない。このマシンは……ガスリーに渡すよ。僕はもう十分だ」

 金曜日のフリー走行2回目では、フェルスタッペンのマシンに油圧の問題が発生し、マシンを止めていた。レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、リカルドにはおそらく、フェルスタッペンとは別の油圧トラブルが発生したと考えている。

「確実なことを言うのには、マシンが戻って来るのを待つ必要があるが、残り10周のところでマシン後部から煙が出ているのが見えた」とホーナーは述べた。

「煙が出るまで、彼は古いタイヤで素晴らしいレースをして、セバスチャンを抑え込んでいた。我々にできるのはリタイアさせることだけだった」

 週末を通してレッドブルは好調そのもので、フェルスタッペンが完勝を飾っただけに、リカルドの不運はメキシコGPをほろ苦いものにした。

「今回の結果をつらいと感じるのは、我々も同じだ」とホーナーはコメントしている。

次の記事
手応えが結果に繋がらず、ハートレー「接触がなければポイントも……」

前の記事

手応えが結果に繋がらず、ハートレー「接触がなければポイントも……」

次の記事

F1日本GP無線交信集:ハミルトン「このコースはサイコーだ!」

F1日本GP無線交信集:ハミルトン「このコースはサイコーだ!」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント メキシコGP
サブイベント 日曜日 レース後
ドライバー ダニエル リカルド 発売中
チーム レッドブル 発売中
執筆者 Valentin Khorounzhiy
記事タイプ 速報ニュース