F1、中国で新たにストリートレース開催目指す? 6都市の政府関係者と面会へ

シェア
コメント
F1、中国で新たにストリートレース開催目指す? 6都市の政府関係者と面会へ
執筆:
2019/04/17 8:30

F1は、中国でのストリートレースをカレンダーに加える可能性について、政府関係者と話し合いを行う予定があるという。

 F1のオーナーであるリバティ・メディアは、上海・インターナショナル・サーキットを補完するような形で、中国で新たなF1レースを追加することを熱望している。

 今週、F1上層部は中国6都市の政府関係者と面会し、ストリートレースを実施することが可能かどうか確認する予定だ。

 F1のコマーシャルディレクターを務めるショーン・ブラッチズは、理想はストリートサーキットであり、候補地のひとつに北京が入っているのではないかという噂が事実であることを示唆した。

 先週末の中国GPの際、AFPのインタビューに応えたブラッチズは「興味という意味では、我々はストリートレースに大変興味を持っている」と語った。

「ここ(上海)に作られた特別で、専用のサーキットとそれ(ストリートサーキット)を並べられるのは素晴らしいことだろう。我々の目的は、人々にショーを見せることだ」

 ブラッチズは、今週予定されている話し合いは予備的なものであり、何が可能かを正確に評価するための試みであると話した。

「2つ目のグランプリを開催することができる都市があるかどうかを確認するため、それぞれの都市の関係者との間で会合を行う」と、彼は説明した。

 すでに、リバティは2020年にベトナムGPを開催することを発表。このレースは、ハノイ郊外のストリートコースで行われる予定となっている。

 ブラッチズは「ファンじゃない人々や、カジュアルなファンを熱心なファンに変えるためには、このスポーツがどんなものであるかを見せる必要があるんだ」と付け加えた。

次の記事
メルセデス、1992年ウイリアムズ以来の快挙達成も、”独走”はできない?

前の記事

メルセデス、1992年ウイリアムズ以来の快挙達成も、”独走”はできない?

次の記事

アゼルバイジャンGPのタイヤ選択が明らかに。メルセデス、フェラーリはミディアム重視

アゼルバイジャンGPのタイヤ選択が明らかに。メルセデス、フェラーリはミディアム重視
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第3戦中国GP
執筆者 Jonathan Noble
まずは最新ニュースを読む