F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
52 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
66 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
80 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
94 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
101 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
115 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
129 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
136 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
150 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
157 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
171 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
185 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
213 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
220 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
234 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
241 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
255 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
269 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
276 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
290 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
304 days

ミック・シューマッハーがF1にやってくるなら……ドイツGP開催を続けなければいけない?

シェア
コメント
ミック・シューマッハーがF1にやってくるなら……ドイツGP開催を続けなければいけない?
執筆:
協力: Adam Cooper
2019/05/19 23:25

ホッケンハイムリンクは、ミック・シューマッハーが父ミハエル・シューマッハーの軌跡をたどる形でF1に上り詰めるならば、ドイツGPが開催され続けていかなければならないと主張する。

 オランダやベトナムでの新規開催が決まるなど、来季のF1開催カレンダーは今年と比べて大きく変わる可能性が高い。そんな中で複数のグランプリが、来季も継続開催できるかどうか、その岐路に立たされている。

 ドイツGPも、その将来が危惧されるレースのひとつで、現在契約継続について、F1とホッケンハイムリンクの間で交渉が進められている。

 ホッケンハイムリンクは、これまでよりも開催権料が低い状態での複数年契約を求めていると言われている。そして同サーキットのマネージングディレクターは、現在F2参戦中のミック・シューマッハーが将来F1にデビューすることになるならば、ドイツGPは必要不可欠だと信じている。

「問題は、もし現在F1の契約を結んでいないのなら、将来的にもF1の開催契約を結ぶのは難しいだろうということだ」

 サーキットの代表であるゲオルグ・セイルは、motorsport.comにそう語った。

「なぜなら、”基準”が違うからだ。今結んでいる契約よりも要求は確実に高くなる」

「もしミック・シューマッハーがF1ドライバーになるなら、F1はドイツで開催されていなければならない。それが我々の信念だ」

「契約できる可能性はある。しかし、損失を意味する可能性のある契約を結ぶつもりはない」

 今季のドイツGPのチケット販売は、2018年の同じ時期と比べてわずかに減少しているという。ドイツGPではF2のレースが設定されていないものの、シューマッハーがデモンストレーションを披露する可能性についても”取り組んでいる”と語る。

「彼の父親が走らせたフェラーリか、その他のマシンで、デモランを行うかもしれない」

 そうホッケンハイムのマーケティング責任者であるジョーン・テスケは語った。

「我々は彼をF1マシンで走らせたい。それが重要なんだ」

 テスケ氏曰く、ドイツGPの週末にF2のレースがないことに「非常に失望した」という。

「我々は、F2のレースが行われることが、ドイツにとって非常に重要なんだということを、スケジュールを決断する人々に早い段階で訴えた」

「ミックがホッケンハイムでF3のチャンピオンを決めた時のことについて彼らに話した。ミックがプレマでF2に参戦することが決まった時もそうだった。彼らを説得しようと、たくさんのプレッシャーをかけたんだ」

「F2の開催カレンダーが発表された時、我々は実にがっかりした。その後で、リバティ・メディアが努力してくれたことを知っている。それは良いことだ。彼らは、ドイツにおけるミックの重要性を認識したと思う。ミックは、大きな熱意をこのスポーツとドイツにもたらしている。おそらく、動き出したのが遅かったのかもしれない」

次の記事
F1メカ解説|マクラーレンのスペインGP投入新ウイングはフェラーリ式?

前の記事

F1メカ解説|マクラーレンのスペインGP投入新ウイングはフェラーリ式?

次の記事

今のF1は体力的に厳しくない? ハミルトン「だから18歳でもデビューできる」

今のF1は体力的に厳しくない? ハミルトン「だから18歳でもデビューできる」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1 , FIA F2
ドライバー ミック シューマッハー
執筆者 Scott Mitchell