F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
次のセッションまで……
2 days
28 8月
次のセッションまで……
16 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
23 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
30 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
44 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
58 days
23 10月
次のセッションまで……
72 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
80 days

ホッケンハイム、今年のF1開催を断念「観客を入れての開催が可能だと想定できない」

シェア
コメント
ホッケンハイム、今年のF1開催を断念「観客を入れての開催が可能だと想定できない」
執筆:
2020/07/24 1:47

ホッケンハイムリンクは、入場できる観客数に著しい制限が依然として課されているため、今年F1レースを開催するのは難しい状況にあることを明らかにした。

 昨年のドイツGPの開催地であるホッケンハイムリンクは、当初は今季のF1開催予定はなかったものの、新型コロナウイルスの感染拡大により開催スケジュールが大きく変更されることになった際、代替開催の有力な候補地のひとつとして数えられてきた。

 実際にホッケンハイムは、10月にイモラやポルティマオとの3戦連続開催の一角を担うべく、F1のオーナー企業であるリバティメディアと話し合いを行なってきた。しかし、十分な数の観客の入場許可を保証するのは不可能だと判断。リバティメディアとの交渉を終了させたという。

 F1は、9月のレースまでにサーキットに観客を入場させることを目指している。現時点では、ロシアGPは観客の入場が許可される見込みだ。

 しかしホッケンハイムの場合、地元自治体の制限は依然として厳しく、短期的にこれが緩和される可能性は極めて低い。そしてそれは、このサーキットで今年F1を開催する可能性がほぼゼロであるということを意味する。

 ホッケンハイムリンクのマネージング・ディレクターであるジョーン・テスケは、motorsport.comの取材に対して次のように語った。

「今日の観点から言えば、10月にレースを開催するとして、500人を超える観客を迎えてのイベントが可能であると、想定することはできない」

「経済的な観点からも、特定の条件下でファンが参加してのイベントが許可されている他のサーキットよりも、F1の魅力が減ってしまうことだろう」

「したがってこの状況は、新型コロナウイルスの危機という特別な状況下でグランプリを開催するという、我々の申し出に応えることはできない。つまり2020年には、ホッケンハイムリンクでグランプリが開催されることはないということを確認することができる」

Read Also:

 ホッケンハイムリンクでのグランプリ開催が断念されたことにより、ニュルブルクリンクがドイツGPを開催することも可能な情勢だ。しかし10月の同サーキットは天候が安定しないことが多く、その実現性には疑問の目も向けられている。

 ただニュルブルクリンクを含む地域は観客のイベントへの入場制限が比較的緩和されており、リバティメディアが推し進めようとしている有観客レースを推進することもできそうだ。

 ニュルブルクリンクの広報担当者は、motorsport.comに対して次のように語った。

「現時点でお伝えできることは何もない。F1とニュルブルクリンクの間での議論は、2013年の最後のレース以来、何度も行なわれてきた」

「今年も話し合いが行なわれた。しかしこれまでも常に強調してきたように、F1はニュルブルクリンクにとって、経済的に意味のあるモノでなければならないのだ」

Read Also:

マクラーレンF1、『Gulf』とスポンサー契約締結か? “黄金タッグ”復活に現実味

前の記事

マクラーレンF1、『Gulf』とスポンサー契約締結か? “黄金タッグ”復活に現実味

次の記事

レーシングポイント&アルファタウリ、”トークン外”開発可? そのトリックとは

レーシングポイント&アルファタウリ、”トークン外”開発可? そのトリックとは
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Stefan Ehlen