F1
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Canceled
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
03 7月
-
05 7月
イベントは終了しました
10 7月
-
12 7月
イベントは終了しました
R
ハンガリーGP
17 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
3 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
17 days
R
F1 70周年記念GP
07 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
24 days
R
スペインGP
14 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
31 days
28 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
45 days
R
イタリアGP
04 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
52 days
R
シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
Canceled
R
ロシアGP
25 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
73 days
08 10月
-
11 10月
Canceled
23 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
101 days
R
メキシコGP
30 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
108 days
R
ブラジルGP
13 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
122 days
R
アブダビGP
27 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
136 days

F1、開発凍結パーツの管理が大変に? ”うっかりミス”でレース失格の危険も!

シェア
コメント
F1、開発凍結パーツの管理が大変に? ”うっかりミス”でレース失格の危険も!
執筆:
2020/06/28 2:56

レーシングポイントF1のテクニカルディレクターであるアンドリュー・グリーンは、開発が凍結されたパーツを適切に管理しなければ、失格となる可能性もあると警戒している。

 新型コロナウイルスの影響を受け、大幅なスケジュール変更を強いられたF1は、各チームのコスト削減のため、2020年の開幕戦オーストリアGPから2021年シーズンの終わりまで、マシンの開発を一部凍結することを決定した。

 開発が許可されるパーツも、トークンシステムによって開発が制限されることになる。

Read Also:

 レーシングポイントF1チームのテクニカルディレクターであるアンドリュー・グリーンは、ホモロゲーション(公認)が得られたパーツを常に把握し、承認された仕様のパーツのみを使用することが重要だと語り、パーツを追跡するための専門チームを編成したと明かした。

 グリーンは新しいシステムについて「確かにかなり複雑だ」と語った。

「そしてその管理は、我々にとってもFIAにとっても信じられないほど複雑であり、それを行なうためにかなりの量のリソースが必要となる」

「我々はその原因を理解し、それを実行する必要がある。したがって我々は、その管理に必要なリソースを把握しなければいけない」

「これは競技規則ではなく、技術規則で規定されているものであるため、ホモロゲーション・ルールに違反していることが判明した場合、事実上イベントから除外されてしまう。本当に重い違反となってしまうんだ」

「それを念頭に置き、我々は今季最初のレースから2021年の終わりまで、公認パーツの管理に取り組む専任チームを編成している」

「それは誰にとっても全く新しいトピックであり、我々はこれまでそうしたことをやったことはない。そして、本当に早くそれを実行に移さなければならない。それはチャレンジだが、条件は誰にとっても同じだ」

 グリーンは、機械的な開発の大部分が凍結されたことにより、パーツの管理を担当するエンジニアを確保することができたと話した。

「機械的な面の開発がより多く凍結される。そのため、新たなパーツの設計ができない分、(エンジニアを)パーツを管理するチームとして活用することができる」

「新しいルールなので、うっかり違反してしまう可能性があることを本当に意識している。全てのプロトコルを適切に行なえば、ルールに抵触することはないだろう」

「それはつまり誰かが不注意で、公認パーツを手に取りファイルと照合し、それを交換するということをしなかった場合、ルールに違反しかねないということを意味する。それくらい厳しいかもしれないんだ」

Read Also:

次の記事
ルノー、マクラーレン移籍のリカルドを、今季マシン開発に関与させると明言

前の記事

ルノー、マクラーレン移籍のリカルドを、今季マシン開発に関与させると明言

次の記事

美しきF1マシン:2年半にわたって活躍……日本メーカーのエンジンも載せた:ロータス102

美しきF1マシン:2年半にわたって活躍……日本メーカーのエンジンも載せた:ロータス102
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Adam Cooper