F1
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
FP3 まで
13 時間
:
48
:
46
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月

ホンダ、例年通りコンパクトなPUながらも今年は信頼性にも自信

シェア
コメント
ホンダ、例年通りコンパクトなPUながらも今年は信頼性にも自信
執筆:
2019/02/20 3:39

ホンダの2019年型F1パワーユニットのパフォーマンスは、よりコンパクトなデザインを求めるレッドブルの下でも損なわれないようだ。

 レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、今年からタッグを組むホンダ製パワーユニット(PU)を「美しいもの」と評し、その取り付けは「これまででベスト」だと語った。

 マクラーレンとジョイントした2015年の復帰初年度をはじめ、ホンダPUはこれまでその極端にコンパクトな設計ゆえトラブルに苦しむ場面が見られた。しかし、今年から始まったレッドブルとの新たなタッグの下では、そのようなことはないとホンダは断言した。

 ホンダのF1テクニカルディレクター(TD)を務める田辺豊治は、PUのパフォーマンスとパッケージングのトレードオフについて「中立の位置にある」と答えた。

「PUのパフォーマンスとトータルパッケージのバランスについてレッドブルとトロロッソの両チームと深く協議し、より良い妥協点を見つけました」

「PUにパワーがある一方で、シャシーとの相性が今ひとつな場合、最適な妥協点はどこか? それを追い求めた結果、最高のパッケージパフォーマンスに行き着きました」

 田辺TD曰く、レッドブルはよりコンパクトなマシンデザインを推進しており、そのノウハウをレッドブルとトロロッソで共有しているという。

「レッドブルとはその件について協議していますし、我々の仕事はとても単純です」と彼は言った。

「目的はコンパクトで性能の良いPUを作ることです。それがオフシーズンの間に我々が取り組んだことです」

 田辺TDはまた、数年間同じコンセプトの下で取り組んだことにより、ホンダPUが信頼性の面で進歩を遂げたと確信している。

「我々は2017年から同じコンセプトを引き継いでいます。その理由のひとつは今年、PUのレギュレーションに変更がなかったからです」

「ホンダPUはパフォーマンスと信頼性を向上させました。つまりそれは今年のPUが新型ではなく発展型だということです」

次の記事
メキシコGPの将来に暗雲。国からの支援打ち切りを大統領が示唆

前の記事

メキシコGPの将来に暗雲。国からの支援打ち切りを大統領が示唆

次の記事

”楽しみ”の維持が勝利へのカギ。ベッテル「フェラーリに大改革は必要なし」

”楽しみ”の維持が勝利へのカギ。ベッテル「フェラーリに大改革は必要なし」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム レッドブル・ホンダ 発売中
執筆者 Jonathan Noble