F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
25 9月
FP3 まで
12 時間
:
29
:
24
09 10月
次のセッションまで……
13 days
23 10月
次のセッションまで……
27 days
31 10月
次のセッションまで……
35 days

レッドブルのフェルスタッペン&アルボン、ホンダPUのエレメント交換を実施

シェア
コメント
レッドブルのフェルスタッペン&アルボン、ホンダPUのエレメント交換を実施
執筆:
, Grand prix editor

ホンダは、今週末のF1 70周年記念グランプリで、レッドブルのふたり、マックス・フェルスタッペンとアレクサンダー・アルボンに、新しいパワーユニットを使わせることを決めた。

 ホンダは、シルバーストン・サーキットで行なわれるF1 70周年記念GPで、レッドブルのマックス・フェルスタッペンとアレクサンダー・アルボンに、新たなパワーユニットを使わせることを決めた。

Read Also:

 アルボンは、先週同じシルバーストンで行なわれたイギリスGPの際に、新しいエナジーストア(ES)とコントロール・エレクトロニクス(CE)を使った。しかし今週末には、内燃エンジン(ICE)とターボチャージャー(TC)、そしてMGU-HとMGU-Kも2基目を投入することになった。

 なおアルボンに合わせる形で、フェルスタッペンも6つのコンポーネント全てを新品に交換した。

「今シーズンのPU戦略の一貫として、このイベントでふたりのレッドブル・レーシングのドライバーに、新しいパワーユニットを投入する予定です」

 ホンダはそう明かした。

「これにより、パワーユニットのマネジメントの観点で柔軟性が増すことになります。新しいパワーユニットは、これまでと同じ仕様です」

 コスト削減策の一環として、ホモロゲーションを取得したPUを、各メーカーはアップデートすることができないことになっている。ただフェルスタッペンは、このF1 70周年記念GPでは、メルセデスに太刀打ちすることはできないだろうと語ってきた。

「彼らははるかに先を行っていると思う。予選で高い気温になったとしても、1秒の差を縮めるだろうか? そしてレースでは、0.5秒の差を埋めるだろうか?」

 フェルスタッペンは、今週末が暑くなるとの予報を受け、そう語った。

「僕はそうは思わない。でも、これまでにも言ってきたように、僕らは諦めない。今週末にはまた良い仕事をするためにモチベーションに溢れているし、表彰台を手にしようと思っている。何が起きるか、見てもらえればと思う」

「先週末は、タイヤのパンクの問題があり、非常に予想外だった。僕はただ、チャンスを掴むためにそこにいるんだ」

 なお、アルボンもフェルスタッペンも、年間で使用できるPUのコンポーネント数の上限を超えていないため、今回ペナルティを受けることはない。ただ、現時点で開催が決まっている13戦で使用が許されるのは、いずれのコンポーネントも2基までだ。

 この他、ルノーのダニエル・リカルドは、今週末にICE、TC、MGU-K、MGU-Hを投入した。またレーシングポイント勢、ウイリアムズ勢、そしてメルセデスのバルテリ・ボッタスは、今回からいずれも新品のMGU-Kを使うことになっている。

Read Also:

FIA、レーシングポイントの違法判決について説明「“主な設計者”はメルセデス」

前の記事

FIA、レーシングポイントの違法判決について説明「“主な設計者”はメルセデス」

次の記事

レーシングポイント、まさかの違法判決に驚き。”技術的には合法”のブレーキダクトは継続使用へ

レーシングポイント、まさかの違法判決に驚き。”技術的には合法”のブレーキダクトは継続使用へ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント F1 70周年記念GP
執筆者 Luke Smith