F1の”現実”を理解し始めたホンダ。2019年は”復活”への1年目……ロス・ブラウン語る

シェア
コメント
F1の”現実”を理解し始めたホンダ。2019年は”復活”への1年目……ロス・ブラウン語る
執筆:
協力: Frankie Mao
2019/01/05 10:01

2019年からレッドブルと組むことになるホンダ。以前ホンダでチーム代表を務めた経験があるロス・ブラウンは、将来のチャンピオンのパートナーシップ1年目になるだろうと考えている。

 2018年シーズンをトロロッソと過ごしたホンダ。その進歩はレッドブルに対し、再びチャンピオンを争うことができるパワーユニットを作り出せると納得させるのに十分のものだった。その結果、2019年シーズンからはレッドブル・ホンダが誕生することとなった。

 2015年に、マクラーレンのパートナーとしてF1復帰を果たしたホンダ。しかし信頼性とパフォーマンスの欠如に悩まされ続け、ホンダ復活を印象付けることはなかなかできなかった。

 ホンダが以前表彰台を獲得したのは、ワークス体制で参戦していた2006年のこと(最終戦ブラジルGP、ジェンソン・バトンが3位に入賞)。その後、リーマンショックなどの影響もあり、2008年シーズン限りでF1から撤退することとなった。

 その撤退当時、ホンダのチーム代表を務めていたのが、現在F1のマネージングディレクターの役を担うロス・ブラウンだった。そのブラウンはホンダの復活について、次のように語った。

「ホンダ成功の秘訣は、エンジニアのF1との結びつきを、整理することにある」

 ブラウンはそうmotorsport.comに対して語った。

「私がホンダに加わった時、エンジニアたちは現実的に必要なことから少しかけ離れていた」

「エンジニアを現実に近付け、彼らが正しいことに取り組んでいるということを確実にし、仕事に優先順位をつけ、さらに情報を手にして、何が起きているのかということについて現実的な視点を持たせることが私の仕事だった」

「私がチームに加わった時、彼らのエンジンは最高のモノのひとつだという見方もあった。しかし、私はフェラーリとも親密だったので、ホンダのエンジンが最高のモノではないことは明らかだった」

「そのため私は、ホンダの人々を現実に引き戻さなければいけなかった。そのことは、優先順位が何であるか、彼らが理解するのを助けたのだ。そして、どこに集中するかを理解することは、重要な要素のひとつだった」

「レッドブルは、ホンダが集中すべきものを明確にするためには、非常に優れた相手だと私は思う」

 ホンダは2018年から体制を変更。田辺豊治がF1テクニカルディレクターとしてトラックサイドでのオペレーションを担当し、さくらの研究所でのパワーユニット開発を浅木泰昭が責任者として率いることになった。

 またホンダはトロロッソと組むことで、マクラーレン時代よりもスムーズなコミュニケーションを実現することになった。そしてレッドブルと組む際には、よりハッキリと意見を述べていくことになるはずだ。

「自分たちの弱点と強みはどこにあるのかを知り、正しいことに確実に集中することが重要なのだ」

 そうブラウンは語る。

「もしそれを達成することができれば、彼らは間違いなく強い立場に立つことになるだろう」

「ホンダは2018年に、多くの進歩を遂げたように見える。マクラーレンとの関係が崩壊したことは、彼らにとって正しかったと思う」

「レッドブルは素晴らしいレーシングカンパニーであり、彼らは素晴らしいマシンを作っている。それはホンダにとって、成功するための特別なチャンスだ」

「レッドブルがレースに勝ち続けることを期待している。しかし、パートナーシップを組んで1年目だ。それでチャンピオンシップを勝ち獲るのに十分かどうか、私には分からない」

「彼らがそれを実現できたら、それはかなり特別なことだろう。しかし少なくとも、複数回のチャンピオンを獲得するパートナーシップの最初の1年になると思う」

次の記事
クビサ、フェラーリの裏方オファー拒否か「F1復帰という”挑戦”が勝った」

前の記事

クビサ、フェラーリの裏方オファー拒否か「F1復帰という”挑戦”が勝った」

次の記事

レーシングポイント所有のストロール父、チーム取得理由は「ビジネスチャンス」

レーシングポイント所有のストロール父、チーム取得理由は「ビジネスチャンス」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Scott Mitchell
Be first to get
breaking news