F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
30 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
44 days
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
58 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
72 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
79 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
93 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
107 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
114 days
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
128 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
135 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
149 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
163 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
191 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
198 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
212 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
219 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
233 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
247 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
254 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
268 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
282 days

ホンダF1、当初は”スペック2”PUで開幕戦に臨む予定だった?

シェア
コメント
ホンダF1、当初は”スペック2”PUで開幕戦に臨む予定だった?
執筆:
2019/12/18 11:08

ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは、当初の開発スケジュールでは、スペック2のパワーユニットでシーズンを開始する予定だったと明かした。

 ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは、本来は”スペック2”のパワーユニット(PU)で2019年シーズンをスタートする予定だったと明かしたが、シーズン中に果たした進歩には満足しているようだ。

 2019年からレッドブルへのPU供給を開始したホンダ。開幕戦オーストラリアGPではマックス・フェルスタッペンが3位に入り、2015年のF1復帰以来初めての表彰台を獲得した。第8戦オーストリアGPではフェルスタッペンが優勝し、ホンダにとっては13年ぶりの勝利となった。最終的にレッドブル・ホンダは3勝を記録しシーズンを終えた。

 ホンダは、シーズンを通じてPUのアップデートを3度実施した。最初のアップデートは第4戦アゼルバイジャンGPで行なわれたが、この際に投入されたスペック2のPUは、当初シーズン開幕時に投入することを想定して開発が進められていたものだったようだ。しかしながら、ホンダは開幕直前に変更する必要が生じないよう、スケジュールを調整したのだという。

「PUの開発には、(やるべきことの)リストと優先事項があります」と、田辺TDはmotorsport.comに語った。

「(開発に)どれだけの時間がかかるのか? 信頼性やパフォーマンスの面で、どれだけの恩恵があるのか? 時間はかかりますが、効果が大きいアイテムもあります。ですから、スケジュールにしたがってアップグレードを適用します」

「スペック2の投入は少し遅れました。それはPUの開発スケジュールの結果ですが、私たちはスペック2のPUから(シーズンを)スタートしたかったのです」

 開発スケジュールを修正したことで、ホンダは冬の間、シーズン前半に行なわれるアップデートの準備に時間を費やした。

 スペック2のPUは信頼性を重視したものだったが、第7戦フランスGPでは新しいターボチャージャーを含むパフォーマンス強化仕様のスペック3を投入。オーストリアGPの優勝につなげた。さらに積極的に開発を進めたホンダは、夏休み明けの第13戦ベルギーGPにスペック4のPUを持ち込んだ。

「スペック1からスペック2へのステップは小さいものでした」と、田辺TDは振り返った。

「スペック3のPUは、それよりも大きく前進できました。そして、スペック4ではさらに大きなステップが踏めたんです」

「チームやドライバーに約束していたようなPUを供給できて嬉しいです。チームに伝えていたのと同じような前進ができました」

「テクニカルディレクターとして、私はPUの進歩に満足しています」

 ホンダは、2016年から2017年にかけて、PUのコンセプトを大幅に変更した。それ以来PUは着実に進歩しており、2020年のPUコンセプトも大きく変えられることはなさそうだ。

 ホンダの山本雅史F1マネージングディレクターは、レッドブルとフェルスタッペンが、ホンダの目標達成を後押ししたと称賛した。

「スペック1から4まで、すべてが計画通りに進みました」と、彼は語った。

「素晴らしいチームであるレッドブルと、とても優れたフィードバックを提供するフェルスタッペンという素晴らしいドライバーによって、開発が促進され、スムーズに事が進んだと言えるでしょう」

Read Also:

次の記事
【動画】F1王者ハミルトンとMotoGPの伝説ロッシがマシンを交換!?

前の記事

【動画】F1王者ハミルトンとMotoGPの伝説ロッシがマシンを交換!?

次の記事

トロロッソ改め……アルファタウリ・ホンダの2020年マシン、2月14日に公開

トロロッソ改め……アルファタウリ・ホンダの2020年マシン、2月14日に公開
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム レッドブル・ホンダ 発売中
執筆者 Scott Mitchell