F1
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
Race まで
09 時間
:
37
:
28
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月

ホンダF1、2019年の目標は”3番手PUとしてスタートし、トップ2を追う”こと

シェア
コメント
ホンダF1、2019年の目標は”3番手PUとしてスタートし、トップ2を追う”こと
執筆:
2019/01/19 5:09

ホンダの山本雅史モータースポーツ部長は、2019年シーズンの目標について、ルノーより前からスタートし、シーズン中のメルセデスとフェラーリに追いつくことだと語った。

 ホンダの山本雅史モータースポーツ部長は2019年F1の目標について、ルノーより前でシーズンを始め、その後メルセデスやフェラーリに追いつくことだと語った。

 2015年にF1復帰を果たしたホンダは、マクラーレンとの最初の3年間で大いに苦労した。現行のV6ターボ+エネルギー回生システムのいわゆる”パワーユニット”レギュレーションは、2014年に投入されたもの。つまりホンダは、他の3メーカーと比べ1年遅れで、開発をスタートさせたということだ。そのせいもあって、パワーユニットのパフォーマンス面は、参戦中の4メーカーのうち最も低いものだった。

 しかし2018年シーズンからトロロッソとの仕事を開始すると、パフォーマンスと信頼性が向上。これを見たレッドブルは、2019年からホンダ製パワーユニットを使うことを決断した。

 2019年の目標について聞かれた山本モータースポーツ部長は、次のようにmotorsport.comに対して語った。

「我々は冬の間に大きな努力をします。もちろん、これまでも努力は続けてきましたが」

「少なくとも3番手からスタートして、そしてシーズン中に前を行くメーカーに追いつこうとしています」

 ホンダは2019年のシーズンスタートに向けて、さらにパフォーマンスと信頼性を向上させようとしている。しかし、信頼性の確保は依然として課題のひとつである。ホンダもレッドブルも、シーズン中には何度か戦略的なエンジン交換が必要であると考えているが、ホンダはそれをフルに活用して、メルセデスやフェラーリとの差を埋めようと集中しているのだ。

「時間について嘆くことはしたくはないです。しかし、メルセデスとフェラーリは、レギュレーションにおけるグレーゾーンについて、多くの知識を持っています。そのため、彼らは我々よりもアドバンテージを持っています」

 そう山本部長は語った。

「しかし我々の開発と努力も、4年間を経過しました。今では、正しい方向性を見つけ、そしてどこに行けばいいのかを見つけたと思います。昨年、もしくは一昨年と比較すれば、それは明らかなことです」

「我々は開発のスピードを加速させることができると思っています」

 ホンダは2018年シーズン中に2度の大幅アップデートを投入し、そのいずれもがパフォーマンスを向上させることに成功した。しかし、2度目のアップデートでは振動の問題に見舞われ、ピエール・ガスリーは最終戦アブダビGPで、オイル漏れによりリタイアを喫した。

 ホンダは、2017年に投入したパワーユニットのコンセプトで、3シーズン目を迎える。それでも2018年終盤時点で、まだ開発し切れていない部分があったと示唆する。

「正直に申し上げて、我々はコース上での最新スペックのパワーユニットから、まだ学んでいるところです」

 ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは、昨年の11月にアブダビでそう語っていた。

「それは必ずしも良いことではありません。しかし、テストベンチで全てを理解するのは、少し難しいことです。それが、ここにエンジニアがいる理由です。我々も開発の一部なのですから」

「こことさくらの間で、たくさんのことをフィードバックしています。最新のスペックについて、コミュニケーションすべきことがたくさんあるのです」

次の記事
”最速”を目指して……ガスリー「セカンドドライバーになるつもりない」

前の記事

”最速”を目指して……ガスリー「セカンドドライバーになるつもりない」

次の記事

ゴーン起訴の余波? ストールがルノー・スポール代表を継続

ゴーン起訴の余波? ストールがルノー・スポール代表を継続
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム レッドブル・ホンダ 発売中
執筆者 Scott Mitchell