ホンダ田辺TD、表彰台登壇が遅れた理由を語る「でも素晴らしかった」

ホンダのF1テクニカルディレクターである田辺豊治が、表彰台への登壇が遅れた理由を語った。

ホンダ田辺TD、表彰台登壇が遅れた理由を語る「でも素晴らしかった」

 レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、チームの本拠地であるレッドブル・リンクで行われたオーストリアGPで劇的な走りを見せ、今シーズン初優勝を遂げた。

 この勝利は、ホンダにとっては2015年にF1に復帰して以来初、ワークスチームとして参戦していた2006年のハンガリーGP(ジェンソン・バトン)以来の勝利となった。

Read Also:

 表彰式では、コンストラクターの代表として、ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターが登壇した。しかし田辺の登壇は遅れ、オランダとオーストリアの国歌が流れた後、トロフィーの授与になんとか間に合ったという状況だった。

「『(表彰台には)君が行くんだ』と言われた時には、ビックリしました」

 表彰台に上がることになった経緯について尋ねられると、田辺TDはそう語った。

「どうすればいいのか分かりませんでした。だから他の人たちよりも、少し遅れて表彰台に上がりました。国歌の前に、表彰台に立つ必要があります。私も『行かなきゃいけない』と思いました。でも遅れてしまったんです」

「もちろん、表彰台に上がるのは今回が初めてです。私はとても動揺していましたし、どうすればいいのかと思っていました」

「誰も教えてくれなかったんです。でも、素晴らしかったです。チームやレッドブルのメンバーが、表彰台下に見えました。彼らはとても幸せそうでした。そして、たくさんのファンもいてくれました」

 トロフィーを受け取った後、田辺TDは現DTMの代表であるゲルハルト・ベルガーと、表彰台の上で抱擁を交わした。田辺は以前、ホンダがマクラーレンにエンジンを供給していた際、ベルガーの担当エンジニアとして働いていたのだ。

 田辺TDは、日本とイギリスのホンダのスタッフが“疲れを忘れて”働いてきたことに敬意を表し、”やっと勝利を達成できた”と語った。また、ホンダが”正しい道”に戻るために大いに協力してくれたトロロッソに対する感謝も忘れなかった。

「ホンダだけでこれをやっているわけではありません。社外のサプライヤーの貢献にも感謝したいと思います」

「この勝利はまた、我々の世界中全てのファンの皆さんからのサポートに対する御礼であるとも言えます。我々は2015年からこのスポーツに戻ってきましたが、今日はまた新たな始まりのようにも感じています」

「少しの間、お祝いを楽しむことができます。でも、できるだけ早く仕事にもどらなければいけません。最も速いチームとのパフォーマンス差を埋める必要がありますからね」

Read Also:

シェア
コメント
【動画】F1第9戦オーストリアGP:決勝ハイライト

前の記事

【動画】F1第9戦オーストリアGP:決勝ハイライト

次の記事

F1メカ解説|メルセデスを追え! フェラーリ”差を縮める”ための開発を加速

F1メカ解説|メルセデスを追え! フェラーリ”差を縮める”ための開発を加速
コメントを読み込む