F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
53 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
60 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
74 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
88 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
102 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
109 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
123 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
137 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
144 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
158 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
165 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
179 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
193 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
221 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
228 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
242 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
249 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
263 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
277 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
284 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
298 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
312 days

フェルスタッペンにとって”もっとも力強いシーズン”……レッドブル代表語る

シェア
コメント
フェルスタッペンにとって”もっとも力強いシーズン”……レッドブル代表語る
執筆:
2019/12/10 3:10

レッドブル・ホンダのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、2019年はマックス・フェルスタッペンにとってキャリア最高のシーズンだったと語る。

 2019年シーズンに278ポイントを獲得し、ドライバーズランキング3位になったレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン。チーム代表のクリスチャン・ホーナーは、2019年はフェルスタッペンにとって、キャリアで最も力強いシーズンだったと語る。

Read Also:

 フェルスタッペンは過去2年にわたって2勝ずつ挙げてきた。しかし今季は3勝を挙げ、自身初を含む2回のポールポジションを獲得した。結局前述の通り278ポイントを記録……2018年の249ポイントから29ポイントを積み増した格好だ。

「マックスにとって、F1で最強のシーズンだったと思う」

 ホーナー代表はそう語った。

「3つのポールポジションを獲得……まあそのうちふたつしか、実際には手にできなかったがね。それから3回の勝利を挙げた。9回の表彰台を手にしたというのは、非常に印象的なパフォーマンスだ」

「マックスのドライビングは、非常にポジティブなモノだったと思う」

 当のフェルスタッペンは、F1でフル参戦5年目のシーズンで、その戦い方が改善されたことは驚きではないと語った。

「全体としては、より一貫したシーズンだったし、いくつかの良い結果を手にできたと思う」

 フェルスタッペンはFIAの表彰式でそう語った。

「でも僕にとっても、かなり自然なことだと思う。経験を重ねることは、より安定した結果をもたらすのに役立つだろう」

 フェルスタッペンは、オーストリアでの勝利が、彼自身とチームの重要なターニングポイントだったことを認める。

「僕らは十分な競争力がなかった数戦から、抜け出すことができた。その週末は、とても暖かかったと思う。僕らはそれに合わせて、レースに向けてマシンのセッティングで正しい妥協をしたんだ」

「レースで、突然クルマが生き返ったようだった。競争力が足りなかったその前の週末から、マシンにいくつかのアップグレード加えた。そして、マシンはずっとよく機能しているように見えたんだ」

「それでも、ちょっと予想外ではあったかもしれない。でもチームにとっては大きな自信になった。特にホンダにとっては、彼らがF1に戻ってきてからずっと困難な時期を過ごしていたから、少し安堵をもたらすことができたはずだ」

 ダニエル・リカルドが2018年限りでチームを去り、デビュー2シーズン目のピエール・ガスリーがフェルスタッペンのチームメイトになった。そしてシーズン後半には、ガスリーに変わって新人のアレクサンダー・アルボンとコンビを組んだ。つまりフェルスタッペンは、チームを牽引する存在になったわけだ。

 しかしフェルスタッペンは、チームに対するアプローチを変えることはなかったと語る。

「それほど大きな違いはなかった。なぜなら、僕は正しいと思うフィードバックをチームにもたらしていたからね。僕は本当に、アプローチを変えたりしなかったよ。ある意味では、彼らは最初から、僕が言うことに耳を傾けてくれたということだ。それは、正直に言って嬉しいことだ。今は、1台のマシンに焦点が合わされているかもしれない。でも、アイデアを共有することもできる。前は常に、2台のマシンに目が向けられていたんだ」

「それはポジティブなことだった。でも、僕の方で変えたことは何もないんだ。僕が実際に何かを変えた以上に、それについてみんなが話していたんだ」

Read Also:

次の記事
メルセデス、F1長期参戦の鍵は”親離れ”?「ダイムラーの寄与を減らすことが重要」

前の記事

メルセデス、F1長期参戦の鍵は”親離れ”?「ダイムラーの寄与を減らすことが重要」

次の記事

ピレリ”18インチタイヤ”の年内開発テストを完了。ラッセルが200周以上走破

ピレリ”18インチタイヤ”の年内開発テストを完了。ラッセルが200周以上走破
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー マックス フェルスタッペン 発売中
チーム レッドブル・ホンダ 発売中
執筆者 Adam Cooper