F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
27 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
41 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
69 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
76 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
90 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
104 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
111 days
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
125 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
132 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
146 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
160 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
188 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
195 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
209 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
216 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
230 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
244 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
251 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
265 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
279 days

高地メキシコでの勝利に、ルノーPUの貢献を認めるレッドブル

シェア
コメント
高地メキシコでの勝利に、ルノーPUの貢献を認めるレッドブル
執筆:
2018/10/30 3:41

レッドブルのホーナー代表は、ルノーが高地でのレースに適切に対応したことが、フェルスタッペンのメキシコGP完勝につながったと話した。

 レッドブルのチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナー代表は、マックス・フェルスタッペンがメキシコGPで優勝を飾った背景には、ルノーのパワーユニット(PU)の貢献があったことを認めた。

 ルノーのPUがライバルであるメルセデスやフェラーリに対し、パワーで劣っているのは厳然たる事実。しかしホーナーは、高度2200メートル以上という高地でレースをするというメキシコGP独特の条件により、パワーの差が小さくなったことでチームの持つシャシー面のアドバンテージを活かすことができたと強調した。

「功績があれば、当然それを認める」とホーナーは述べた。

「ルノーは今週末、厳しいコンディションの中でライバルに対して競争力のあるエンジンを我々に供給した」

「それにより我々は面と向かってライバルたちと戦うことができ、フロントロウを独占し、グランプリを支配的な形で勝つことができた。理論的には、ここで我々はワンツーフィニッシュを飾るべきだった」

「このサーキットの高度が、ライバルたちのパフォーマンスを制限し、ルノーの競争力を押し上げた」

「それが(ロシアGPで)ペナルティを受けてスペックBのPUを使用できるようにプールしてまで、このレースに重点を置いていた理由だ」

 レッドブルのモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは、ダニエル・リカルドがセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)を従えて2番手を走行していた中でリタイアを喫したことを除けば、チームは全てを適切にこなしていたと語った。

「こういう感触を再び感じることができたのは本当に嬉しい。レースはとても”簡単”だった」

「タイヤに不満を持っていた他の人たちと違い、我々は何の問題もなかった」

「リカルドの1ストップ戦略は機能していた。彼は楽々ベッテルを抑え込んでいた。マックスが2回ピットストップをしたのは、単に安全のためだ。使えるタイヤがあったので、セーフティカーが出て、フェラーリがハイパーソフトタイヤを装着した場合に備えて、それを使った」

「標高のおかげで、我々のパワー不足は消えた。そしてそれが、我々のシャシーがどれだけ優れているかを示したのだ」

 マルコは、リカルドのリタイアがクラッチの故障によるものだったと明かした。

「彼のスタートは悪かった。だがそれは技術的な問題ではなく、操作の問題だった」

「そしてその後、クラッチベアリングが壊れた。それは残念だ。ワンツーフィニッシュを逃してしまったので、とても腹立たしい」

 リカルドのマシンのクラッチは、かなり序盤からトラブルを抱えていたようだ。

「データを見ると、その問題はおそらく6周目から始まっていた」とホーナーは付け加えた。

「金曜日のFP2でマックスが見舞われたトラブルとよく似ているが、問題を完全に理解するためにはイギリスに戻り、検査をする必要がある。でも、それが(リタイアの)元凶だと思われる」

次の記事
フェルスタッペン、肩の力が抜けてより速く。今季序盤の気負いから脱却

前の記事

フェルスタッペン、肩の力が抜けてより速く。今季序盤の気負いから脱却

次の記事

フェラーリ、メキシコで新世代ブレーキディスク採用。冷却用開口部は1400?

フェラーリ、メキシコで新世代ブレーキディスク採用。冷却用開口部は1400?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント メキシコGP
チーム レッドブル・ホンダ 発売中
執筆者 Adam Cooper