F1 オーストリアGP

「俺のデモランを妨害した……幼稚だ」フェルスタッペン父の主張をレッドブルのホーナー代表が否定。“チーム外”からの雑音は意に介さず

レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、ヨス・フェルスタッペンのデモラン計画に横槍を入れたという話を否定した。

Helmut Marko, Consultant, Red Bull Racing, Jos Verstappen

Helmut Marko, Consultant, Red Bull Racing, Jos Verstappen

写真:: Mark Sutton / Motorsport Images

 レッドブルにとって地元レースであるF1オーストリアGPが開催されている最中、レッドブルのチーム内では波紋を呼ぶ騒動が起きている。マックス・フェルスタッペンの父であるヨス・フェルスタッペンが、チーム代表のクリスチャン・ホーナーによってデモラン参加を妨害されたと主張したのだ。

 元F1ドライバーであるフェルスタッペンは、同じく元F1ドライバーのゲルハルト・ベルガーやデビッド・クルサード、エマーソン・フィッティパルディらと共にレースウィーク日曜のレジェンズパレードに参加し、2012年のレッドブルF1マシン『RB8』をドライブする予定であった。

 しかしながら彼は地元オランダの『De Telegraaf』紙に対し、ホーナーが自身の出演を嫌がったため、やむなく参加を辞退せざるを得なかったのだとして、こう説明している。

「ここ数日、クリスチャン・ホーナーは私が走ることを全力で阻止しようとしていた、という話を何人かの人から聞いた」

「何も映像に映らないようにするためだ。私としては、面と向かって言えと思うけどね。私としてももうやりたくないし、とても残念なことだ」

 またフェルスタッペンは同じくオランダの『Formule1』に対しても「彼とはもう終わり。まるで幼稚園のようだ。私は走ることもできたが、辞退した。ホーナーの幼稚さを感じるし、彼の人間性を物語っていると思う」と述べていた。

 こういったフェルスタッペンからの批判についてホーナー代表は、フェルスタッペンのデモ走行に関して拒否をした事実はないと主張した。

「レジェンズパレードはサーキットが主催しているものだ。私に拒否権のようなものがあるわけではない。レジェンドたちがこれから走るということは把握しているが」

 息子のマックスがチャンピオンシップをリードしている一方で、その父であるヨスとホーナーの間に緊張が走っていることは既に知られたことだ。年初にホーナーのスキャンダルが報じられた時も「彼が残ればチームは崩壊する」と述べたのも父ヨスなのだ。

レッドブルのホーナー代表

レッドブルのホーナー代表

写真: Mark Sutton

 こういった両者の関係について問われたホーナー代表は、「これまでにドライバーの父親と問題を起こしたことはないし、ヨスの問題が何であれ、私からコメントすることは何もない」とした。

 またホーナー代表は、重要なのはチームのメンバーがいかにうまく協力し合えているかだとして、こう続けた。

「私の関心はチームのパフォーマンスにある。我々には素晴らしいチームがあり、素晴らしいドライバーたちがいる」

「マックスは世界最高のドライバーだし、彼は若くしてチームにやってきて以来、どんどん成長している。ドライバーとしても、人間としてもだ」

「彼の振る舞い、チームとの協力の仕方は素晴らしい。それが私の重要な関心事だ」

「人生のすべてをコントロールすることはできない。ドライバーの父親との関係もコントロールできない。しかし私が重要視しているのはドライバーのパフォーマンスとチームのパフォーマンスだ。そして、それはこれからも変わらないだろう」

 

前の記事 リカルド、僅差で角田裕毅に敗れSQ1敗退「あとちょっとだったから悔しい」RBのマシン仕様変更にはまずまずの評価
次の記事 GPSデータから見えたレッドブルとマクラーレンの違い。フェルスタッペンは最高速、ノリスはトラクションが武器に

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本