F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
52 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
66 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
80 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
94 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
101 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
115 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
129 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
136 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
150 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
157 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
171 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
185 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
213 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
220 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
234 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
241 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
255 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
269 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
276 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
290 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
304 days

ピットスタートの裁定は厳しすぎた……ホーナー、ペナルティ規則の見直しを訴え

シェア
コメント
ピットスタートの裁定は厳しすぎた……ホーナー、ペナルティ規則の見直しを訴え
執筆:
協力: Edd Straw
2019/05/04 1:29

レッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、フリー走行での違反に対するペナルティ規則を変更する必要があるとし、ライバルチームもこれに賛成したと語った。

 アゼルバイジャンGPのフリー走行2回目において、ピエール・ガスリー(レッドブル)はピットイン時に重量計測への呼び出しを見落とし、結果的にこれを無視。重大な違反とみなされ、ガスリーには決勝をピットレーンからスタートするというペナルティが科された。レッドブルのチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、この裁定に未だ納得がいっていないようだ。

 ピットイン時、メカニックはレースを想定したピットストップの準備をしており、ガスリーにプッシュするよう要求していた。そのため彼は、重量チェックを命じるカーナンバー掲示に気付かなかった。

 このペナルティは特にホーナーを悩ませた。そしてレースウィークエンド中に行われたチームミーティングの中で、F1マネージングディレクターのロス・ブラウンによってこの議題が持ち上がった。

 ホーナーは次のように語った。

「もちろん、彼は本来なら(カーナンバーの)電光掲示を見るし、それを覚えているだろう。ただ我々はダブルピットストップを行うことに集中していた。ガスリーはここで少し違ったピットエントリーを練習するためにプッシュするよう指示されていた」

「彼は電光掲示を見逃した。ただチームはその時、ダブルピットストップの1台目であるマックス(フェルスタッペン)の作業に集中していたので、それはささいなことだと認識していた」

「実際犯した違反に対して罰則が大きすぎるので、金曜日の段階で残りの週末に大きな影響を与えるようなペナルティは、少し再検討する必要があると思う。それはロス・ブラウンや他の全チームが参加したミーティングでも、皆同意してくれたと思っている」

「もし重量が50kg減っていたとしたらそういったペナルティになるだろうが、残念ながら今回はそうではない」

次の記事
VSCでタイムロスし勝機を逸したハミルトン、当時の詳細な状況が明らかに

前の記事

VSCでタイムロスし勝機を逸したハミルトン、当時の詳細な状況が明らかに

次の記事

”マンホール問題”被害のウイリアムズ、損害は全額補償へ。主催者、再発防止を誓う

”マンホール問題”被害のウイリアムズ、損害は全額補償へ。主催者、再発防止を誓う
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム レッドブル・ホンダ 発売中
執筆者 Jonathan Noble